Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

♪レッスンの引き出し

左指のフォーム 整える順番

バイオリン・ビオラの左指は、小指がとっても難しいですよね。
かと思うと、苦労なく小指が使えるようになる生徒さんもいます。
違いは、身体の使い方やフォーム(姿勢)だと思います。

 

殆どの教本は、左指は 1→2→3→4 という順で登場します。
しかし、左腕・左指のフォームが整っていない場合、
当教室では 2or3 から取り組むのが良いと考えています。

 

①3(または2)
②2(または3)
③4
④1

 

というのが、私のお勧めする順番です。

 

しかし、1を使わなければ、弾ける曲がありません。
ですので現実的には、

 

①1・2・3を使いだす
②2・3の形を良くする
③4の形を学ぶ
④1の形を改善する

 

という順になります。

 

③4の形が作れて、④1の形が良くなると、
→シフトが出来る→ビブラートが出来る と芋づる式に上達します。

 

 

 

E線に1の指、という(弦と指の)組み合わせは、

全ての組み合わせの中で最も難しいと思います。

バイオリンのハ長調の1の指なんか、もう最悪。(ビオラではA線のシ♭)

無理して置くので故障するクセがついてしまい、

演奏の仕事をキャンセルしてしまったことも過去にありました。

今ではそんなこともなくなり、自らのフォームを改善してきたノウハウを

生徒さんにレッスンでお伝えしています。

 

E線の1の指を、フォームが出来てくるまでは避けるために

A線とD線を使うDdur(ニ長調)の曲を選んだり、

移調ができる生徒さんは、E線とA線を使うAdur(イ長調)の曲を

フィンガリングはそのままでDdur(ニ長調)へ移調して、

低い弦で練習してきてもらったりします。

これは耳の訓練にもなります。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >左指のフォーム 整える順番