Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

♪レッスンの引き出し 道具編

顎当て と 肩当ての 合わせ方

 

バイオリン・ビオラの肩当てに悩んでいませんか?

気になりだして調べてみても、世の中に肩当ては沢山ありすぎて

どうやって選んだらいいかも分からないし、

どう調節したら最適なのかも分からない。

そんな場合の手助けになれば幸いです。

 

肩当てを見直したくなったら、まず顎当てから見直しましょう。

顎当ての高さ+肩当ての高さ=顎から胸までの距離。

顎当ての高さと肩当ての高さは、相関関係にあるのです。

目次

まず顎当てから

顎当ては最初から、バイオリン・ビオラにくっついています。
くっついている付属品、 顎当て・テールピース・ペグ・エンドピン を
フィッティングパーツと呼びます。
肩当て・松脂などは、付属品と呼ばれます。
 ※肩当てまで含めてフィッティングパーツと呼ぶこともあります。
 ※メトロノーム・弦・弓・ケースなども、付属品と呼んだりします。

フィッティングパーツは くっついているものを使うもんだと思いがちですが、
交換しても良いのです。
フィッティングパーツ専門の工房もあります。
それくらい弾き心地を左右する、大事な部品なのです。
積極的に確認して、合っていなければ交換しましょう。

顎当ての高さを確認する

自分にはどれくらいの高さの顎当てが合っているか、確認しましょう。
身体の大きな人は、顎当ての高さが足りていない場合があります。

まず楽器の、下のエッジの中央を、左の鎖骨の上に乗せます。
肩当ての無かった時代、楽器はここに乗せて弾いていました。
ほんの100年前までのことです。
肩当てのある現在、乗せなくてもいいのですが、ここが離れすぎない方がいいです。
触れるか触れないかくらいの距離が、安定する楽器の位置です。

楽器をその位置にしたとき、
顎と楽器の間を埋めて楽器を保持しやすくするのが顎当てで、
胸と楽器の間を埋めて楽器を保持しやすくするのが肩当てです。

私は楽器が鎖骨に触れていて、鎖骨にアザがあります。
バイオリニストは顎下の左にもアザができますが、それがひどい場合は
上手に楽器が保持できていないと言えます。

顎当てのタイプ

顎当ては大きく分類すると、以下のようになります。
カタカナで書いてあるのはモデル名です。
顎当ての章に5枚の写真を挿入していますが、順番に①~⑤タイプのものです。

①脚がテールピースの左側にあり、顎を乗せる部分も左側にある
 スズキ、カウフマン、クライスラー

②脚がテールピースの左側にあり、顎を乗せる部分がテールピースの上にかかっている
 スチューバ、ドレスデン

③2本の脚がテールピースを挟んでいて、顎を乗せる部分は②と同じ
 ガルネリ、ストラド、チューリッヒ

④2本の脚がテールピースを挟んでいて、顎を乗せる部分がテールピースの上にある
 バーバー(オーレンフォーム)、フレッシュ、チットマン

⑤1本脚のもの、顎を乗せる部分はテールピースの上に来ることが多い
 SAS、ウルフ社のもの

顎当ての選び方

高さ、顎を乗せる部分の左右の位置、カーブの形などから、
自分に合いそうなタイプを絞りましょう。

肩当て同様、実物を試さなければ、顎当ては選ぶことが難しい。
しかし多様な顎当てを置いている実店舗は、なかなか無いのが実情です。
顎当てが沢山置いてある店舗へ行って、そこに在るものから取捨選択をスタートするのも、現実的なやり方です。

①は、顎を乗せる部分がテールピースの左側のみに収まっているので、高さが最も低いです。
②③が少し高くて、④⑤が最も高いです。
分数楽器やビオラは、低めの顎当てが合うことが多いようです。

高さは、コルクを足したりはがしたりすることでも、調節できます。
はがす方は低くできても1mmとかですが、足す方は5mmくらい出来ます。
肩当ての高さが足りなくて困っている場合にも、顎当てにコルクを足して解決することがあります。
コルクで、左右の傾斜を調整することも出来ます。

高さだけでなく、左右の傾斜も大事です。
②は、テールピース側が高く、反対側が低くなっていることが多いです。
③も同じ傾向にあります。
⑤SASは、左右の傾斜が調節できるモデルです。

前後の傾斜も大事です。
手前の縁が、中央より高いと挟みやすいですが、その差がありすぎると首を痛めます。
どちらかと言えば平ためが良いというのが、これまでの経験で得た結論です。
平たいと、挟んで楽器を保持することができません。
身体全体を使って、身体のバランス感覚で保持することが、求められます。
その方が、身体に優しくて健康によく、老いても楽器を弾き続けることができます。

最近のメーカー品は、顎を乗せる部分の形状は全く同じですが、
昔からあるモデル、主に欧州やインドなどの工房で職人さんが削っているものは、1点1点カーブが違いますので、購入するとき注意してください。
モデル名を指定して買っても、欲しかったものと違ったりします。

私の経験では、ピッタリ!フィットするものより、ハンドルの遊びのように
合わない隙間が多少ある方が、長時間弾いても疲れません。
左右の傾斜、前後の傾斜などについても述べましたが、あまり細に入らず
”だいたいまあこの辺で” という感じで選ぶ方が、時間もムダにならず良いかと思います。

③④のオーバーテールピースのタイプで、顎を乗せる部分の底辺とテールピースが接触してしまう場合があります。
これは顎当てを削ってもらえれば解決します。
削る余地がちゃんとあるか、購入前に確認しましょう。

顎当ての脚とエンドピンについて

脚の形状は大きく2タイプあります。
2本の脚が、コの字につながっているタイプと、独立しているタイプです。
独立しているものは、ヒル型といいます。
(「顎当てのタイプ」の章の写真、中央の上がヒル型です。)
違うタイプへの交換もできます。

取り付ける位置は、楽器のことを考えると、テールピースを挟んでいる③④がいいです。
楽器の内部にボトムブロックと呼ばれる補強材が入っているからです。
職人さんは、楽器の健康が一番なので③④を付けたがり(?)ますが、
弾く私たちは身体の健康が一番ですから、身体に一番楽なタイプを選びましょう。
①②のタイプは、分数バイオリンを弾く子供たちや、ビオラを弾く小柄な東洋人が増えて、
そのため登場したのかも知れません。あくまで憶測ですが。。

脚の金具の締め方が強すぎると、楽器を締め付けてしまいます。
顎当てのコルクが楽器にへばりついて取れなくもなります。
弱すぎると弾いているときはずれて来てしまいますので、程よい締め具合を覚えましょう。

脚は金属ですし、当たっている場所が痛いことがあります。
特に小さな子供さんは痛がることが多いです。
その場合は、何かしらのカバーをかけたり、顎当てのタイプを変えたりします。
また金属アレルギーの方向けに、プラスチックの脚だったり、
合皮のカバーが付いているもの(ウルフ社)もあります。
2脚の幅が、通常の倍ほどの位置に取り付けられている顎当てもあります。
脚のタイプはヒル型のみとなりますが、これだと脚が首に当たりにくそうです。
③チノ、④フレッシュフラットワイド

エンドピンも痛いことがあります。
バイオリンの操作性を高めるには、エンドピンと首は隙間なくフィットさせます。
しかしエンドピンの頭頂部に、ペグのデザインと合わせた小さな装飾が付いていることがあり、これが首に当たると痛いのです。
痛い場合は、我慢しないでエンドピンを交換しちゃいましょう。
小さな子供さんはエンドピンそのものを痛がることがあります。
バイオリンのレッスンは、顎当ての脚やエンドピンを痛がらない年齢からのスタートにするのも、1案です。

肩当て

顎当てがOKなら、肩当てを選びましょう。
大きく分類して、ブリッジ型とパッド型があります。
ほとんどがブリッジ型です。

響きが悪くなるからと、肩当てをしたがらない方もおられますが、
安定した運弓ができることによる響きの方が大きいです。
(肩当てが無くても操作性に支障がないのは、身体感覚によほど優れた方のみです。)
ブリッジ型よりパッド型の方が、響きは良いようです。

顎当てもそうですが、フィットし過ぎないこと。
高さはピッタリより少し低めのこと。
遊びが必要です。

ブリッジ型の高さと幅について

肩当てを選ぶとき、最も大切なのは自分の肩に置いたときの居心地ですが、
もひとつ大切なのが高さです。
ブリッジ型は、高さが調節できるものが大多数ですが、できないものもあります。
そして調節できる高さの上限と下限も、モデルにより様々です。
高くしたい場合、ネジ部分が長い別売りのパーツが買えるモデルもあります。
(写真はプラスチック・カーボンの肩当て。
 一番右の肩当てと別売りパーツは Pedi カーボン)

幅は、できるだけ小幅に調節できるものがベター。
穴がぽつぽつと開いていて、その穴の位置のパターンでしか幅の調節ができないものは、肩の来て欲しい場所に収まってもらうのがなかなか難しいです。
形状が同じで、穴か、小幅に調節か選べるなら、小幅な方にしましょう。
(KUN Original か KUN Super だったら、Superを選びましょう。)

ブリッジ型の材質別の特徴

広く使われているのはプラスチック。
軽くて安いです。
ウレタン部分を削ったりもできます。
壊れやすいです。
カーボンの方がプラスチックより軽いのですが、
価格は高く、更に壊れやすいです。

数十年前の肩当ては、高さや幅が調節できない鋼タイプが多かったです。
(「肩当て」タイトル下の写真)
いまある鋼ベースの代表的な肩当ては、WOLFでしょうか。(上の写真)
重たいですが、フレームを曲げたり、ウレタン部分を削ったり、加工できます。
(写真左下のものは、かなり加工しています。)

木製のもの(トップの写真)は音質が良いと言われます。
確かにマッハワンなど、弾いているときの響きは心地よいです。
でも身体が楽かが一番大事。
音質に最も影響を与えるのは、結局「弾き方」だからです。
そう考えると重さは大切な要素。
ウレタンや金属などが付いている木製のもの(KUN Bravo 等)は重めなのですが、
付いていないものは軽いです。

木製の肩当てで注意した方がいいのが、「顎当ての選び方」で述べた通り、
同じモデルでも形が違うことがある点です。
ビバラムジカなど、ロットが違うと同じモデルとは呼べないくらい違うので、気を付けましょう!

パッド型

パッド型でお勧めなのが、Belvelin社のShoulder Cushion です。
大中小(写真上部 左から)とありますが、やや高さがありすぎます。
大人用には中サイズか、大サイズの高さをカッターで削ると良いでしょう。
カーブもきつめなので、削ったらいいと思います。
ブリッジ型がごつ過ぎる小さな子供にも、使いやすいです。

Belvelin社からは、Shoulder Pad という丸いタイプも出ています。
いずれも、大きな輪ゴム1~2つで固定します。

ただ丸い(色んな形のものがあります)だけの、
大きな輪ゴムで止めたり ゆるい接着テープで裏板に貼ったりするタイプは、
様々なものがあります。
高さ、素材のクッション性、取り付け方で選ぶと良いと思います。

ハンドタオル等をバスマットの滑り止めシートでくるんで、パッドを作ることもできます。
うちの教室では、よく用います。
高さや幅が調整できるので、小さな分数バイオリンに便利ですし、
しっくりくる肩当てがない大人の生徒さんに使ったりします。

左肩を上げずに弾けるなら、肩当て無しでも良いと思いますが、
滑り止めシートでくるんだハンドタオルを楽器と身体の間に押し込むと、
楽器を支えるのが楽で、操作性が上がります。

市販のもので ZEN-48(写真下) というものは、これに近いです。
小さめの分数バイオリンに、非常にお勧めです。

総括

様々な肩当てを試し、加工もしましたが、結局いま使っているのはKUNのSuper。。
物体(材質)としてはマッハワン、Pediのカーボンなどが好きです。
しかし穴の単位でしか、幅の調節ができず、来て欲しい場所に来ません。

フィッティングパーツは、こだわり過ぎると泥沼にはまります。
諦めというか、踏ん切りというか、”キミが私に合いなさい!”
という気合いも必要です。

左胸~左上腕がゆるむと、右の運弓も楽になり可動範囲が上がります。
これまで出来なかったことが出来るようになります。
顎当て・肩当ての見直しは、何年かごとにしましょう。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >顎当て と 肩当ての 合わせ方