Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

農と大地

牛のはなし

9月下旬、バイオリン・ビオラ教室をお休みにして、

(レッスンご希望のあった生徒さんたち、すみませんでした。)

北海道の牧場へ行ってきました。

WWOOFという「寝食」と「労働」を交換する制度で、8泊9日滞在しました。

 

 

北海道の、真ん中と北の端を結んだ線の中ほどに、「美深(びふか)」というJRの駅があります。

そこから東へ20数キロ、「仁宇布(にうぷ)」という集落です。

さらに東へ20~30キロ行くと、オホーツク海に出ます。

 

関西から移住した塩崎さんご夫妻と子供4人、ステイ中の子供1人、

牛のほかに鶏8羽・羊1頭・猫3匹など生き物たちがいっぱい、

テレビは無いのですが全く気になりません。

冷蔵庫は屋外にあって冬は電源を落とす、など私と共通点が多い暮らしぶりでした。

北海道なのに会話は関西弁。

たまに外で、”あなたイントネーション変ね” みたいな顔をされて、

そうだここは北海道だった!と思うのでした。

 

 

日本の多くの酪農家さんは、放牧しません。

牛は狭い牛舎の中で24時間過ごし、ご飯を食べ、うんちをします。

舎飼いのうち一部の酪農家さんは、牛をつなぎっぱなしで歩かせません。

牛は生涯のうち、舎に入るとき、舎から出て殺されるときだけ、歩くのです。

というか、つなぎっぱなしの牛は歩き方が分からない、歩けないそうです。

私が塩崎さんの前に訪れた牧場では、牛たちの足元は糞尿でぐずぐずでした。

しゃがみたくなったら糞尿に浸るか、浸りたくなければ立っているしかないのでした。

 

牛飼いの日々の仕事は、搾乳、餌やり、掃除、この3つです。

放牧すると、餌やりと掃除がかなり楽になります。

放牧は人間にとっても、メリットがある飼い方なのです。

 

 

放牧して牧草が主食になると、牛は乳をあまり出さなくなります。

というか、本来の乳量に戻って行きます。

舎飼い&穀物飼料の半分くらい。

つまり収入が半分になるのです。

でも支出が少なく利益は出ている、精神的にゆとりがある、と塩崎さんは言いました。

今の牛たちは、人間が無理な改良をして乳量を増やしました。

 

放牧は、牛1頭につき1ヘクタールの牧草地が必要と言われます。

塩崎さんの牧場では、子牛も含めて50頭で、牧草地は100ヘクタール!

食べ放題!

木立もあり、渓流もあり、起伏もあり、遊び放題!

てか、牛はだいたい立って食事をしているか、しゃがんで休んでいるかのどちらかです。

牛たちの足腰のガッシリしていること!

牧草をしっかり食べている牛らしく、お腹が横に膨れています。

 

 

牛を移動させるのを「牛追い」と言いますが、素人には大変難しい。

だんだん慣れてくると、塩崎さんが搾乳の準備をしている間に私が1人で「牛追い」へ行くのですが、牛ちゃんのご機嫌が宜しくない時は1時間かかります。

牛は集団生活を営む動物で、食事タイム、水場へ行くタイム、座って休息タイムなどがあります。

”さて、もうちょっと牧草を食べるか” みたいなタイミングで行くと、ハズレです。

大声を出しても、お尻を押しても、優しく話しかけても動きません。

ボス(塩崎さん)が呼ぶと動き出します。

 

 

 

朝5時半、外にいる牛たちを呼び集めて、搾乳をします。

牛たちを外へ出したら舎の掃除。

夕方4時半、遠くの放牧地の牛たちを呼び集めて、搾乳します。

終わったら舎のすぐ外の牧草地へ出し、掃除。

5月中旬から11月中旬は、これだけです。

呼び集めた牛をつなぐ時、ほほを私に摺り寄せてくる子もいました。

でっかい目が至近距離からこちらを見つめています。

子牛は脚が細くて身体が小さく、でっかい目と耳は 小鹿のバンビちゃんのようです。

 

11月中旬~5月中旬、牛たちは牛舎で過ごします。

(積雪しても放牧地で過ごさせる、牛舎のない牧場もあります。)

そのため人間が餌やり&掃除をせねばなりません。

1頭あたり1日に、数十キロの牧草を食べ、数十キロの糞尿を出します。

牧草は、夏の間に刈って保存したものです。

 

 

牛は牧草を食べる生き物なのですが、乳をたくさん得るために人間は穀物飼料をやります。

米国などから輸入された遺伝子組み換え、収穫後にも農薬をかけた餌です。

さらに欲を出して牛骨粉などもやります。

 

家畜への抗生物質の投与について、こんな論調を耳にしたことはないでしょうか。

抗生物質の投与しすぎが良くないことは分かっている、耐性菌が出現する、でも病気を防ぐ有効な手段だから止められない。

確かにその通りなのですが、もう1つあまり知られていない、投与する理由があります。

微量 且つ長期間与えると、家畜が早く大きくなるのです。

メカニズムは良く分かっていません。

かかる飼料代に比べて、得られる乳量や肉量が増えるのです。

日本では年間200トン以上の抗生物質が家畜の飼料に添加されていて、

糞尿中には耐性菌が増えることが分かっています。

 

 

 

塩崎牧場では尻尾を切っていません。

そのため、搾乳前のチチを拭いている私の顔めがけて、うんちの付いた尻尾をはたく奴もいました。

正確にヒットするので、あれは絶対悪意あると思います。

 

また牛は、メスでも角がある動物です。

角があると、牛にその気がなくても、人に怪我させてしまうリスクがあります。

塩崎牧場でも迷っているようで、除角してる子としてない子がいます。

 

多くの牧場では、尻尾も角も「節約」「効率」のため麻酔をかけないで切断します。

牛の角は、神経も血管もつながっていて、切ると血が噴き出し、焼きゴテで止血します。

失神したりショック死する子もいます。

NHK朝ドラ「なつぞら」の時代は、除角自体があまりされていなかったそうで、本当は牛に角がないといけなかったようです。

 

 

牧場での滞在記を書くつもりが、牛の飼い方についての熱弁をふるってしまいました。

帰宅して玄関のドアを開けると、建材の化学物質臭がしました。

長期間 閉め切っていたから溜まったのでしょう。

普段気づかずに吸ってるんですね。

 

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >牛のはなし