Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

♪発表会やアンサンブルレッスン

天理楽器の発表会

天理楽器クラシック系の生徒さんたちのための発表会が、秋篠音楽堂でありました。

秋篠音楽堂は、近鉄「大和西大寺」駅ちかくのショッピングモール「ならファミリー」の6階、クラシック専門の音楽ホールです。

他の楽器店から移ってきた生徒さん曰く、”参加費1万円でこんな会場で弾けるなんてありえない” のだそうです。

その分?、天理楽器のスタッフは大忙しで、先生方もボランティアで駆り出されます。他の楽器店では手当とか出るらしいんですけど。。

 

今年は、京田辺校から4人の子供たちがエントリーしてくれました。

京都校からも2名出る予定だったのですが、それぞれ事情により無くなり残念。

曲は各自、1曲は好きなものを選び、もう1曲は先生が選びました。

 

 

Rくん

・なべなべそっこぬけ、かえるのがっしょう

・エトピリカ

 

Sくん

・習作(スズキ1巻)

・メンコン オクターブ下で第一主題とその変奏を少し

 

Sちゃん

・メヌエット第2番(スズキ1巻)

・情熱大陸

 

Mちゃん

・ヴィヴァルディ協奏曲 イ短調 第一楽章

 

先生としては、クラシックの教本にある曲を弾いて欲しい、

何故ならば「技術を基礎から順番に構築していける」から、

のですが、子供たちは自分の好きなポピュラー曲を弾きたがります。

ま、それでもいっか、と近年思うようになりました。

なぜなら音楽は、楽しいからするものだからです。

とは言っても、技術がなければ、弾くこともできないんですけど。

 

 

ピアノ伴奏は、天理楽器 京田辺校の近くで「ピアノ教室MOMO」を主宰されている金原佳子さんに毎年お願いしています。

最初にお会いしたのは京田辺の地元のアマチュアオーケストラで、モーツアルトやシューマンのピアノコンチェルトを拝聴して  ”おー!素晴らしい!”  と思い、私自身や子供たちの伴奏をお願いするようになりました。

ところが佳子先生は、伴奏はあまり得意ではありませんでした。

バイオリニストであれば経験している、合奏や、イベント等における決まり事などに、うとかったのでありました。

(佳子先生から見て、逆の事柄もあったと思います。(汗))

しかし年々伴奏の腕を磨かれ、今年の、特にRくんの伴奏は「あっぱれ」でした。

(まあそれだけRくんが、あちこち行くってことなんだけど。)

Rくんに、”先生いつも僕に合わせてくれる。ありがとう。” って言われてました。(笑)

 

バイオリンの先生(私)からの要望も細かいです。

情熱大陸だと、

・第一主題は生徒が転ばないように落ち着いたテンポ

・間奏は速めに

・落ち着いたテンポに戻る

・第二主題はメモリ1つ分速く、生徒がロングトーンのときは2つ分速く

その音は抜いて(楽譜から音を1つだけ抜く)、その和音はもう少し湿っぽく変えて(楽譜の音を変える)、そこは8分音符だけ大きくして、などと要求されます。

タイヘンだー!(いつもありがとうございます。)

 

 

子供の生徒さんは、ひとりひとり全然違います。

ですのでレッスンも、何を言うべきか、どう伝えたらいいか、

どんな態度(厳しくか柔らかくか)で接したらいいか、悩みます。

大人の生徒さんと違って、レッスンに連れてくる保護者さんの影響(意向)を、無意識下で受けています。

それが良いように働くとどんどん弾くようになり上達しますし、

良くないように影響するとストレスを溜めていきます。

本人の様子を観察し、保護者さんの想いも感じるよう、常にアンテナを立てて情報収集を試みます。

 

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >天理楽器の発表会