Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

♪音楽雑記

アンサンブルの集まりに参加

1年半ぶりに箕面の「トリカード・ムジーカ」の合奏会に参加してきました。

私が会社員だった時代に属していた「アンサンブル・フロイント」というオケの指揮者だった、小西収さんが主催する集まりです。

 

私はバイオリンが好きではありませんでした。

親にレッスンに連れて行かれたので、弾いていました。

バイオリンの引っかき方の「わかってる感」があって、それが嫌いではなかったので続けていた、という感じです。

小西さんの指揮で、初めてバイオリンが、音楽が、好きになりました。

 

今日の曲は

ベートーベン 交響曲第3番「エロイカ」 第1楽章

ベートーベン 交響曲第5番「運命」 全楽章

ブラームス 交響曲第3番 第2楽章

 

 

「エロイカ」は 2ndバイオリンの経験が多くて、1stで本番は1~2度しかしたことがありません。

今ごろ言うのもなんだが、意外に難しい。

この難しさのタイプは、切った張ったの世界というか、

忍者が手裏剣を投げたり、飛んだり跳ねたり、水面下でじっと息をこらしていたり、厳しい修行を積んでるようなイメージなんですが、変でしょうか。。(笑)

 

「運命」の第1楽章の8部音符、たいていのアマオケではスピッカートで弾くのですが、小西さんからはデタシェで弾くよう言われます。

これは実は大変するどい指示で、音楽的には本当はマルトレで弾きたい音符なのです。

楽曲のテンポからすると、クリアなマルトレでは弾けません。

マルトレっぽく発音するには、スピッカートよりデタシェの方が近かったりします。

豊中のアンサンブルサビーナで「運命」を弾いたときは、メンバー同士で厳しく指摘しあいながら練習しました。

 

でもこうして、連続して「エロイカ」と「運命」を弾いてみると、ベートーベンさんてすごいです。

だって曲から求められる弓使いが全然違うもの。

作曲家の違う作品みたいです。

しかもこの第3番「エロイカ」と第5番「運命」の間に、第4番がある。

これも作曲家違うでしょう! ってくらい個性的。

この出だし、宇宙空間の視野いっぱいに「ぼわああ~~」って霞のようなリングをまとった木星が眼前に浮かびます。

第4楽章のへんてこさも、ええなあ。。

「エロイカ」や「運命」より、第4番が好きです。

 

疲れ切ったところでブラームス。

音が突然高いところへ飛ぶのって、止めて欲しいんですよね。(笑)

G線のCの音から、E線の第7ポジションのAの音へ飛びますか!

それ以上に、115小節のCが恐い。

いかに確実性を持って、取るのが難しい音程を取るか、あれやこれやと知恵を絞ります。

初めて馬渕清香先生のところへ足を運んだとき、こういう箇所に対処できる私の知らない秘儀を教えてもらおう!と思ったのですが、秘策はありませんでした。

場所をどうロジカルに捉えるか、と、気合い。

結局この2つなのでした。

同じ計画でやろうとして、音程の確かさ音の美しさに 何故違いが出るか。

そのベースは「身体」だと私は思っています。

 

 

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >アンサンブルの集まりに参加