Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

日々の暮らし

薪神社

京田辺市の薪地区に引っ越してきておよそ3年半、

薪神社が好きでちょくちょくお参りしています。

ほかの参拝者と会うことは殆ど無いのですが、薪地区の地元民からはかなり慕われ、大切にされている感があります。

 

ある日行きますと、地元のおじさんが2人だべっていました。

小さな台風が来ていて、物が飛んだりしないように確認しにきたようでした。

”ここの神さんは、天気にはめっぽう強い!”

とおっちゃんが言います。

2018年の秋は激しい台風がいっぱい来て、境内の樹木もこれまでになかったような倒れ方をしました。

とある台風で本殿めがけて倒れた大木があったのですが、

大木がなぎ倒したのは外周の塀と、左隣の末社と、本殿の千木で、

本殿の屋根から下は無事でした。

 

 

「天気にめっぽう強い」というのは、実は私も心当たりがあったりします。

松井山手の天理楽器へ行く金曜日、ベランダから外を見て、

あ~今日は雨だ、電動自転車で行けない、バスで行かなくちゃ、

と思って玄関を出たら雨がやんでいたことが何度か。

雨の日にベランダの軒下で洗濯物を干していたら、日が差してきたことが何度か。

暴風雨の日に、駅から家に辿り着く間だけ小雨だったり。

玄関の扉を閉めたときは小雨だったのに、リビングへ行って窓の外を見ると土砂降りでした。

そんな時ふと、薪の神さんかな?と思うんですよね。

 

 

昨年の春、「薪神社 100日参り 健幸カード」というスタンプカードが置いてありました。

うまい戦略だなと思いつつ、まんまと乗っかり、

これまでよりせっせと通うように(お賽銭を投じるように)なりました。

5月末から1月8日までかかってしまいましたが、100日を達成しました。

ちょうど4月末から取り組みだしたことがあって、それを100日参りの祈願にしたのですが、さて!どうなったでしょうか!?

 

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >薪神社