Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

♪発表会やアンサンブルレッスン

弦楽アンサンブルレッスン 2020春

2月29日(土) の弦楽アンサンブルレッスンは、バイオリン7名、ビオラ2名、チェロは私の信頼している友人の桜井裕美さんに客演でお越しいただきました。

 

コロナウイルスの広まりで、市民オケは練習をお休みにしだしているようです。

弦楽アンサンブルレッスンは、アフターのお茶会だけとりやめにしました。

日頃から生徒さんをしばらないように気を付けているので、大事をとって休みたい方は休むだろうし、来たい方は来るだろう、と。

楽しみにしていたことをやるのは、免疫力も高まります。

実際今日の集まりで、免疫力は高まった!と思います。(笑)

 

レッスン冒頭に通したときは混沌としていて、家でスコアを眺めていて感じた以上に、これは難しい四重奏曲だな、と思いました。

この曲のホ短調の「ド」(ハ長調で言うと「ミ」)が出てこないのです!

最初はチェロがメロディ、1stバイオリン / 2ndバイオリン / ビオラの3パートによるアルペジオが土台なのですが、「ド」はビオラの1拍目の表だけ。

メロディ担当が 1stバイオリンに交代する中盤以降も、中低音に支えるような「ド」は出てきません。

それにより、宙に浮遊しているような不安定さを醸し出しているんだと分かりました。

しかし音楽の流れや役割分担を整理して、1人1人が自分の持ち場での任務をせいいっぱいやると、くっきりとナウシカの主題曲が荘厳なサウンドで浮かび上がってきました。

おひとりおひとりの力量を考えると、すごい完成度でした。

 

チェロの桜井裕美さんは、ANAクラウンプラザホテル京都の弦楽四重奏のお仕事で出会った方で、高槻市となりの島本町の自宅などで指導もされています。

四重奏のメンバーは毎回変わるのですが、チェロが桜井さんだと密かに嬉しかったものです。

 

 

只今のところ参加者は、バイオリン8名、ビオラ2名、チェロ1名です。

初参加の方が3名。

ほかの先生に習ってらっしゃる方もおられます。

今回はいつもより易しめの曲なので、ついていけるか不安で迷われている方は、チャンス!の回です。

 

次回の弦楽アンサンブルレッスンのお知らせです。

1stバイオリン、2ndバイオリン、ビオラ、チェロを募集いたします。

当教室に通われていない方でも参加できます。

 

■日時  2月29日(土) 13~15時

 

■場所  エチュードミュージックアカデミー

近鉄興戸駅より徒歩1分、JR同志社前駅より徒歩4分

 

■曲目  風の谷のナウシカ 久石譲作曲 松原幸広編曲

譜面づらは易しいですが、合奏は手応えがあります(難しいです)。

※3回に1度くらいのペースで、ポピュラー曲を取り上げます。

 

♪  終了後、JR同志社前駅すぐの「よつ葉CAFE」にてお茶会をいたします。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >弦楽アンサンブルレッスン 2020春