Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

♪レッスンの引き出し 身体編

身体を楽にする引き算をしよう (5)地磁気

♪方位磁石で電磁波(人工電磁波・地磁気)の乱れを調べられます。
乱れていると、針が南北を正しく指さなかったり、不安定な動きをします。
同じ場所でも、高さが変わると違います。
AMラジオの雑音でも、チェックできるようです。

 

♪電磁波の測定をしてくれる会社もあります。
∞トータルヘルスデザイン(京都と奈良の県境)
--敷地(土地)の測定やアドバイスに力を入れています。
∞プレマ(京都市内)

--家の中の測定やアドバイスに力を入れています。

目次

(5)地磁気

♪地磁気とは、地球の「磁場」のこと。
 電気を発明する何万年も前から、人間は地球の「磁場」のなかで過ごしてきました。
 ですから人工の「磁場」が強いと、身体は調子がくるいます。
 また地磁気そのものも、コンクリート埋設などによる都市化で弱まり、
 ばらつきもひどくなりました。
 人体は、地磁気が欠乏すると意欲が出ず、ばらつきが大きいと気持ち悪く感じます。

♪昔の私たちには、地磁気のいい場所(イヤシロチ)とわるい場所
 (ケガレチ)を、感じとる力がありました。
 一番いい場所を神社に、次にいい場所を田畑に、次を住居にしました。
 いい感じのしない土地は、切り開かなかったのです。
 学校は、作物の出来がわるい田畑をつぶして作られたので、地磁気は
 あまり良くないそうです。

♪地磁気がいい場所はマイナスイオンが多く、空気中の水分の
 クラスターが小さいため、湿度が高くてもベタベタしません。

●地磁気の不足を補うため、土や樹など 自然界のものに触れる
●地面に近いところで生活する、寝る。2階より1階
●気持ちがいいところで過ごす、住む。感じるセンサーを磨く

●地磁気は西から東へ流れているので、北枕が良い(そうです)
 屋内の磁場は偏向しているので、枕の向きや 寝る場所は、時々ずらす
 ♪畑でうねを南北にたてるのは、日照だけでなく、磁場の流れにも沿っています。

●地磁気のよくない場所は避ける
 ♪地下水脈や断層があるところは、気持ち悪く感じます。
  これを「ジオパシックストレス」と言います。

●金属が塊で存在している近くで、長く過ごさない
 ♪自然界では、金属は塊で存在していません。

(6)感じ方・考え方

ものごとの感じ方・考え方ほど、パワフルなものはありません。

食物アレルギーを治すため、夜よく眠れるようにするため、
しっかり立てるようになるため、認知力低下を止めるのに、
引き算に取り組むのはむろん有効ですが、
感じ方・考え方を変えるのも有効です。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >身体を楽にする引き算をしよう (5)地磁気