Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

日々の暮らし

足囲の合う靴をさがして in大阪

「2020.07.10  脚と足と、靴のはなし」

「2020.07.25  足囲の合う靴をさがして  in京都」

「2020.08.08  足囲の合う靴をさがして  in自宅」の続編です。

 

まず予約を入れた「パンプスメソッド研究所」という靴メーカーへ。
難波高島屋の靴フロアにあります。
ヒールの高さ3種類、それごとに、履き口のちがうデザインが3種類
づつほどあります。

 

いずれの幅狭靴メーカーも、デザインの種類は多くありません。
「足長(サイズ)」展開だけでなく、「足囲(ワイズ)」展開もする
からです。
「足長」×「足囲」のパターンを少なくして、季節ごとに新作を出す
のが、たくさん売りたい一般的な靴メーカーの戦略です。
例えば、22~25cmでワイズEのみなら、7パターン。
一気に作って、一気に供給して、旬がすぎれば売れのこりは捨てます。
それにより、製造・流通コストが最小化できます。

 

前述のシュープレモでは、サイズは21~25.5cm、ワイズは
3A~Cで、1つのデザインに対し50の大きさがあります。
パンプスメソッド研究所では、サイズは19.5~27cm、ワイズは
A~Fで144通りの大きさ。
注文を受けてから作るので、そのぶん色や素材は自由に選べます。
左右のサイズ・ワイズが違うオーダーもできます。
そのかわり、できあがるまで1~2カ月待たねばなりません。

 

現代社会では、その商品を欲しがっているお客様をお待たせしない、
ということがサービスとして重要視されます。
待たせないことが大事なサービス・商品もあるでしょう。
しかしそれは、提供側がもうかる仕組みの隠れみのにも、なっていない
でしょうか?
「ほどほどの商品がすぐ手に入る」より、「自分にぴったりのものが
待たされるけど手に入る」ほうが嬉しいこともあります。
地球の資源もムダづかいされません。
本当に気に入ったものを長く使うほうが、心も平和です。
時間だけでなく値段についても、同じことが言えると思います。

「ほどほどのものが安い値段で手に入る」のもありがたいですが、

「ぴったりのものが高いけど手に入る」方が嬉しいこともあります。

 

さて「パンプスメソッド研究所」。
試し履きのまえに足の大きさを測定したところ、「足長」が、
左が小さくなり、右が大きくなっていたので、驚きました。
いつも右が小さいと言われ続けてきたのに。
ここ1ヶ月ほど、足裏の筋肉を動かそうとしたり、スリッパにパッドを
入れたりしてきたので、なにか変わったのかもしれません。

 

足の状態が良くなると、「足長」に関しては、
①縦アーチが戻って、短くなる
②足指の曲がりが伸びて、長くなる
の両側面があるそうです。
もちろん悪く変化するほうにも、両側面があります。

「足囲」に関しては、横アーチが戻ってきて、小さくなります。

 

ここでは両足とも、23Cが一番フィットしました。
23.5と履き比べると、やはりMP関節は23のほうが合います。
爪先の空間に余裕がないことから、購入は見送りました。
そういえばシュープレモの靴は、爪先の空間にゆとりがあったなあ。

 

そのまま数m移動し、高島屋 靴売り場にて、店員さんにローヒールの
ワイズBがないか聞いてみました。
店頭には無いが倉庫にある、とのことで、3種類出してきてくれました。
高島屋はエヌグラスという靴の独自ブランドがあり、その中に
「エヌグラス ナロー」というワイズBのシリーズがありました。
3つのデザインは同じ木型でした。
小指が押しつぶされて、あまり履きやすくなかったです。

 

大阪梅田へ移動し、阪急・大丸・阪神と回ります。
「エイゾー」「ワコール」のパンプスの一部に、CやBの展開がありました。
足にぴたっ!と来るなら、ローヒールのパンプスでもいいかな、と思い
試し履きするのですが、腑に落ちる木型に出会えません。

 

大丸では、幅狭靴なら「カネマツ」です、と案内されました。
そういえば京都大丸にも入っていました。
京都で試し履きした靴には、良いと思えるものが無かったのですが。
カネマツは基本的にはワイズDで作っており、「ミス スレンダー」
というシリーズがワイズBとのこと。
「ミス スレンダー」の棚へ行くと、ヒール1~2cmのローファーが
あるではないですか!

 

●足囲がぴったり
●爪先にゆとり
●かかとがパコパコせず付いてくる
●MP関節も良い

 

という、これは!と思える靴があったのですが、デザインがう~む。
エナメルがてかてかしていて気に入らない。
スペックは完璧なんだけどな~。
その隣に、履いてみるとデザインがいいな!と思える靴が

 

●足囲がぴった・・
●爪先はふつう
●かかとがパコパコせず付い・・
●MP関節も良い

 

だったので、これなら納得の行くレベルだと思い購入を決めました。
人生でかつてないほど腑に落ちた靴。
サンダルの季節が終わるのが楽しみです。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >足囲の合う靴をさがして in大阪