Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

♪レッスンの引き出し 道具編

バイオリン・ビオラ 弦の交換方法

お待たせしました。

最もリクエストの多かった、バイオリン・ビオラの弦の交換方法です。

ADGEの順に、1本づつ交換します。

 

 

①アジャスターは、全部上げておきます。(いちばん低い音程にする)
古い弦をはずしたら、丸めて、新品の弦が入っていた袋に入れ、予備と

して とっておきます。

年月を書いておくとよいでしょう。
ADGが分からなくならないよう、都度しまいます。

駒に付着している松脂を拭くと、駒も弦も長持ちします。

 

 

②ペグにペグソープ(ペグコンポジション)を塗ります。
穴との接点にあたる部分へ、ペグを回しながら、多めに塗ります。

接点にあたる部分はツルツル光っていて、あたらない部分と質感が違います。
時々ペグをボックスに当てて、塗る場所が違っていないか確認しましょう。

 

 

<E線について>(③の作業に入る前に)
E線には、黒ゴム or 丸いベージュの皮ゴム が付いています。
これは、駒との接点にはさむ、保護管です。
駒のE線が当たる部分が、保護されている場合は、不要です。

ただし丸い皮ゴムは、駒の保護というよりは、雑音を取って音をまろやかにします。

 

黒ゴムは、はさまないときはボール側へ押し付けて止めるか、

弦を張るまえに反対側から抜きとります。

ぶらぶらしていると、雑音の元となります。

 

駒にはさむ場合、黒ゴムは駒の幅より長いため、余りはテールピース側へ出します。

 

 

③ペグの穴に、弦を差しこみ、2cmほど飛び出させます。
折れ目が、先端ではなくなるので、巻きなおすとき穴に入れやすいです。

(写真はG線)

 

 

④ペグを押し込みながら巻きます。

 

⑤何周か巻いたところで、ボールをテールピースの穴にはめます。
弦の色が変わる部分が、ナットを通り過ぎたところを目安にすると、

行き過ぎません。

 

 

⑥弦をさらに巻き、駒とナット(上駒)の溝に弦がはまるようにします。
溝に柔らかい鉛筆の芯を塗ると、弦がすべりやすく切れにくくなります。

駒がねじれるのを防ぐ効果もあるので、ぜひ塗っておきましょう。

 

 

⑦弦をはじきながら、音の高さを上げていきます。

A線E線などは、最初はすこし低めの音程で止めて、他の作業(A線だ

ったらD線を張る作業など)の合間に少しづつ上げていきます。

最終的に少し高めに合わせます。

 

数分~数時間~数日たつと、音程が下がってきます。

アジャスターで調弦している場合は、アジャスターを上げて(=音程を

下げて)、再びペグを巻きます。

ペグで調弦している場合は、数日~数週間たって弦の伸びが安定してき

たら、ペグの傾きを再調整しましょう。

「2020.04.30 バイオリン・ビオラの調弦方法」の記事をご参考になさってください。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >バイオリン・ビオラ 弦の交換方法