Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

日々の暮らし

パラダイス酵母 その後

標題の写真は、JR玉水駅の西側にあるゲストハウス&雑貨店「志木」

の看板息子ワビスケです。

柴犬、生後5ヶ月で、たいへんなやんちゃ坊主です。

じっとしている瞬間がないため、かような写真となりました。

「志木」では10月2日(金)に、パンや焼き菓子を売るミニイベントを

企画しているとのこと。

私もバイオリンを弾かせてもらうことになりそうで、楽しみです。

 

 

9月に入り、母屋の庭では虫が鳴くようになりました。

ジージー、コロコロ、と気持ちよさそうに鳴いています。

草むらを歩くと、小さなカエルやバッタがぴょんぴょん飛び出します。

 

先日JR学研都市線に乗っていたら、読んでいた本の紙面のまんなかに

蛾がとまりました。
きれいなのでそのまま見ていたら、窓ガラスのほうへ飛んでいきました。

しきりと外へ出たがっています。
列車が駅に近づく気配がしたので、見失わないようその子を見つめながら

停車を待ちます。
扉が開く瞬間に、はっし!と羽をつかみ、庫外へはなしてあげました。
無事に飛んでいったようです。

 

生き物を助けたときは、

”「ここほれワンワン、大判小判ザクザク」をヨロシクね!”

と頼みます。
しかしまだ夢に出てきてくれた子はいません。
だいぶお宝は溜まっているはず、と思います。

 

 

夏休み「やさと農場」でもらったパラダイス酵母、冷蔵庫にしまった

のですが、庫内で繁栄?している模様です。

元々リンゴから採取したものですが、リンゴのほかブドウ果汁でも発酵

して、炭酸ジュースになります。

実際に飲ませてもらいましたが、すごく強いしっかりした炭酸でした。

柑橘類は炭酸にならないそうです。相性があるらしい。

ハチミツに梅を漬けたシロップを、炭酸で割って飲むのが好きなので、

この酵母があれば炭酸ジュースを買わずにすむぞ!しめしめ、と思った

のですが、梅もしくはハチミツさんとは相性が悪いようでした。

 

もらってきた酵母ジュースは、フタが開かない容器だとガス抜きが要る

ため、パカッとフタが開く調味料の空きビンに入れました。

ときおり「ポンッ」と音がして、冷蔵庫のなかでフタが開きます。
発酵が続いているようです。
あるとき朝作った出し汁を、お椀に入れて冷蔵庫にしまいました。
夕方取り出して冷えたまま飲んだら・・ なんと微炭酸でした!
ひゃ~!

 

梅シロップ炭酸化計画はコケましたが、パン酵母にも向くらしいので、

試してみようと思っています。

おりしも、干し柿酵母がちょうど無くなったところ。
ドライフルーツ酵母と南部小麦で作るパンは、ふんわり膨らまないので

すが、ものすごく味わいがあります。

たまに市販のパンを食べると、びっくりするほど違います。

パラダイス酵母にしたらどんな味になるのか、楽しみです。

 

 

「みんなの国勢調査」という車内広告を見ました。
広告を打たなければならないほど、提出率が悪いのでしょうか。
戸籍制度があり、各自治体に住民登録があり、「住民基本台帳」があり、

「マイナンバー制度」があるのに、国勢調査?
そういえば住民基本台帳は、台帳にのせるのは本人の承諾がいるはず

だったのに、数年後勝手にのせられていました。
住民基本台帳やマイナンバー制度は、天下り機関や産業界を潤した以外

に、役に立ってるのだろうか。

 

町役場からマスク10枚の引換券が来たけれど、要らないから引き換え

ませんでした。
草木染の布マスクを何枚か持っているのである。
すると、”まだの人は早く受け取って” と督促チラシがきました。
”要らない人はほにゃららして下さい” とも書いてないので放ってたら、

ついにポストに現物が投函されました。
うーむ。

それなら最初から現物を配ればよかったのでは。
ここまで持ってきてくれた職員さんは、町役場の仕事増やしたって
ぷりぷり怒ってるんだろうなあ。。

ごめんなさい。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >パラダイス酵母 その後