Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

♪レッスンの引き出し

「串だんご」と「どら焼き」の法則

カテゴリを間違えてる?
いえいえ、間違えてません。
「串だんごは奇数」「どら焼きは偶数」なんです。

 

 

どんな楽器でも、

 

①楽譜を読んで(または耳で音を聞いて)
②しかるべき指を
③しかるべき位置に置く

 

なければなりません。くわえて、

 

④-1. 吹奏楽器は息を吹きこみ
④-2. 撥弦(はつげん)楽器は弦をはじき
④-3. 擦弦(さつげん)楽器は弦をこする

 

なければ音が出ません。

ギター/マンドリン/ハープ/琴などは ④-2。

バイオリン/ビオラは ④-3 、弦を擦る(こする)楽器です。

 

ピアノという楽器が最も大衆的であるのは、③までで音が出るからです。
ピアノは打弦楽器、弦を打つ(叩く)楽器です。
④の過程を、楽器に組み込まれたハンマーが自動的にしてくれるのです。
音を鳴らすやり方で分類すると、ティンパニやシンバルの仲間なのでした。
チェンバロは、④-2 撥弦楽器 です。

 

かように「弦」楽器というのは、実に多彩です。
「弦」を、専用の道具で「こする」奏法は、はじいたり叩いたりするより
後から登場したと考えて差し支えないでしょう。
バイオリン・ビオラたち以外には、馬頭琴や二胡などがあります。

 

ピアノは、猫が歩いても音が鳴るが故に、もっとも「表現」するのが

難しい楽器とも言えます。

吹奏楽器と比べたらよくわかります。

吹く楽器のうまいorへたは、①②③④のどこで差がつくでしょう?

④ですよね!

ピアノや打楽器には、④が無いんですよ。

③で「表現」しなくちゃならないんです。

④がある私たちは幸せです!(と思うことにしましょう。)

 

 

和菓子のはなしに戻ります。

 

①楽譜を読んで(または耳で音を聞いて)
②しかるべき指を
③しかるべき位置に置く

 

動作を速やかに行うには、「場所読み」をしなくてはなりません。
△の位置に音符があれば、▽の指を▲に置く。
□の位置に音符があれば、◇の指を■に置く。
という、脳みそのシナプスの結びつきが必要です。

 

音符の場所と指を置く場所を、ダイレクトに紐付けするのです。
ドとかミという名前は、便宜上つけられた共通言語に過ぎません。

 

ダイレクト紐付け作業のさい、その音の高さが脳内で鳴らせれば、更に

いいです。

いいですが、鳴らせなくても作業が正しければ、その音が出ます。
その音がドとかミとか分かっていればなおいいですが、それは演奏力と

は関係がありません。

 

バイオリン・ビオラで使う指は4本なので、②の過程は4択です。
このとき、

 

①音符が五線譜の線の上にあれば

②1か3の指

 

①音符が五線譜の線と線のあいだにあれば

②2か4(または0)の指

 

です。

五線譜の線上(串だんご)なら奇数の指。
五線譜の線と線の間(どら焼き)なら偶数の指。

この規則性が分かっていると、4択ではなく2択になります。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >「串だんご」と「どら焼き」の法則