Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

♪レッスンの引き出し 道具編

バイオリン・ビオラは どれを買ったらいいか

目次

(1)4万円~20万円くらいのセット

安い価格帯のバイオリンは、初心者・子供さん向けに、楽器本体・弓・
ケースの3点がセットになっています。
たまに松脂が、まれに肩当てや調子笛が付いています。

安い価格帯の楽器は、工場で作られています。
責任を負う人、指示する人、作る人、それぞれ違います。
作る人も、部品や作業工程ごとに違います。

知名度のあるメーカー・ブランド品であれば、どこの店頭に並んでも、
モノ自体に大きな違いはありません。
しかしプラスチックや金属でできている製品とちがい、木工品ですから、
工房や専門の楽器店で買うほうが、確実に安心ではあります。
最近は少なくなりましたが、メーカー出荷状態では、ペグが回らなかったり、
駒が削られていないこともあります。

専門の楽器店とは、バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス(など
木製の楽器)に特化して、取り扱っているお店のこと。
工房とは、バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスを製作したり
修理したりする職人さんがオーナーのお店です。

①6~7万円のセット

税込6~7万円の価格帯は、各社がしのぎを削っており、コストパフォ
ーマンスが良いといえます。
メーカーもブランドも把握しきれないほどあり、玉石混交です。
私が知っている、これまで生徒さんにお世話したことがあるのは、
スズキ、イーストマン、カルロジョルダーノ、エナ、レジンなどです。

イーストマンは、「欧米ブランドで中国製造」の先駆けです。
イーストマン以前のバイオリン製造国は、信頼できる工房製は欧州、
リーズナブルなものならスズキ、でした。
米イーストマン社が中国に工場を作ったのは1995年。
私がイーストマンバイオリンと対面したのは2000年ごろ。
毛替えに行ったとき、自分の仕事にも他人の仕事にも厳しい職人Sさんから
これ弾いてみと渡され、その価格と品質に驚きました。

イーストマンの成功に、猫も杓子も中国へ進出。
低価格のバイオリンは、老舗メーカー新興メーカー入り乱れて、
アジアの工場で製造する時代になりました。
中国・韓国には、独立して工房を構えている職人さんもいるようで、
質が高いものもあります。

レジンはこの価格帯のモデルのなかでは安く、ルーマニア製です。
ルーマニアの工房で作られたものは、価格に対する質が良いと定評があります。

エナ(Ena)は唯一の日本製。
戦前からスズキブランドの楽器を製造していましたが、スズキが国際競争
のあおりで製造を中国へシフトしたため仕事を失い、自らのブランドを
立ち上げました。
エナバイオリンは、スズキの印象とはガラリと異なり、本気度を感じます。
2017年ごろ本体が妙に重たかった(板が厚すぎるのか、乾燥が不十分なのか)
ことがありましたが、ほんの一時期でした。
そういえばスズキの中古にも、重たいものがあります。


工房・専門の楽器店で買うばあい、メーカーはお任せでも大丈夫です。
専門家の視点で、比較検討して選んでいるからです。

様々な楽器を扱う楽器店に置いてあるのは、利益率の高いか、たまたま
ご縁のあったブランドです。
そうした店舗で買うときは、メーカーは指定したほうがいいかもしれません。

②6~7万円より安いセット

新品で探すなら、
・6~7万円(以上)のセットを作っている
・実店舗で売られている
メーカーをお勧めします。
前述のカルロジョルダーノには、4万円台のセットがあります。
このクラスより安いものは、止めておきましょう。

中古であれば、正価6~7万円のセットが、4~5万円で売られています。
その値段以下の中古品は、避けた方がいいでしょう。
弦を交換しているか、弓の毛を張り替えているか、によっても値段は変わります。
弦も毛も古いままだから3万円、という品もあるかもしれません。

また様々な楽器を扱う楽器店で、値段に値しない中古品が売られているのを、
何度か見かけました。
そうしたお店で購入するばあいは、新品が良いと思います。

③6~7万円より上のセット

どのくらい上の価格帯までセットがあるかは、メーカーにより違います。
6~7万円セットにフェルナンブーコ弓が入らなくなったこともあり、
それより上の価格帯は、楽器・弓・ケースをばらばらに選ぶことが多く
なってきています。
グリガというルーマニア製は、最安セットが10万円です。

同一メーカーのセットバイオリンの値段の違いは、材料の値段で、
作り方は同じだそうです。

(2)セットを買うときの知識あれこれ

①弦について

イーストマン・カルロ・レジンなどにはドミナントという弦が張られて
いますが、エナにはプレリュードという半額くらいの弦が張ってあります。
プレリュードは、分数バイオリンにも使われている、安価な弦です。
人件費の高さをカバーするためかもしれません。
中国の大規模工場と競争しているわけですから。

プレリュードとドミナントでは、「音の鳴り」「弓の弾きやすさ」が違います。
プレリュードのエナと、ドミナントの他社製を比べて、音色が同じくらい
良かったら、エナを買っときましょう。
同じ弦で比較したら、エナの方がいいってことです。

②弓について

2015年ごろ、6~7万円セットの弓の材料が、フェルナンブーコから
ブラジルウッドへ置き換わったことがありました。
環境保護による伐採規制が強まったのです。

フェルナンブーコに比べると、ブラジルウッドは腰がなく弾きにくいです。
当時私が教えていた楽器店で、楽器を購入した生徒さんはみなカルロで
したが、規制の前後で弓の質に大きな差が出てしまいました。
レッスンの時間内であれば、購入する楽器を先生に見てもらうことは
どこの楽器店でもできますので、ぜひそうしてください。

切り替え直後のカルロ弓は、かなりへにゃへにゃでした。
木材の品質はぴんきりで、いまいちのフェルナンブーコ弓と差がない
ブラジルウッド弓もあります。

6~7万円より安いセットは、前からブラジルウッドです。
メーカーによって違いますが、10万円を越えるセットになると、
フェルナンブーコが増えてきます。

通常セットものは、弓だけ違うのに替えることはできませんでした。
しかし最近は、プラス料金を払えばフェルナンブーコに替えれるメーカー
が増えているようです。

最近、数千円だけど品質の悪くないカーボン弓が、登場しています。
安いセットの弓は、ブラジルウッドからカーボンへ変わっていくかもしれません。
カーボン製は登場してから歴史が浅く、経年劣化でどう変わるか未知数です。
ブラジルウッドより寿命が短い可能性があります。

③表板・裏板のカーブについて

むかし表板・裏板のカーブは、人が削るか、プレスして曲げるかでした。
欧米ブランドで中国工場、というビジネスモデルが成功したのは、
カーブの成型ができる工作機械のおかげでもあります。
仕上げは職人さんがしていると思いますが。

プレスは、音響的に、削り出しにはかないません。
見ても素人目にはわからないのですが、音に表れます。
私が小6のとき親が買ってくれた30万円セットのプレスの音色は、
現在の6万円セットに負けてます。が~~ん!

④値段について

セットバイオリンは、割り引かれて売られていることが良くあります。
しかし買うときの値段差より、その後にかかってくる費用の差のほうが、大きいでしょう。
長く使うことになる大人サイズのバイオリンは、特にそうです。
業界の慣習として、自社が売った楽器のメンテナンスや修理は安くします。
とくに売り値の安さで勝負しているお店からは、あまり買わないほうがいいと思います。

⑤中古のものを買うとき

エイジングにより、新作よりコンディションの良いものが手に入ることもあります。
10万円のセットが、新品だったときより良い音色になって、6~7万円
で売られていることもあるでしょう。

ただし、弦が切れやすかったり、弓の毛の交換時期だったり、素人目に
わからない瑕疵があることもあります。
新品にはないリスクに、ご留意ください。
良いものを安心安全に買おうと思ったら、専門のスタッフや職人さんが
おられるお店にしましょう。

またブランドは同じでも、途中で製造拠点が移ったり、年代により材料や
作り方が変わることがあります。
勉強している店員さんなら、同じスズキでも、何年ごろのものは良い、
と知っています。

半世紀以上 古いものには、現在なら(機械)削り出しの価格帯でも、
プレスがあります。

(3)10万円~40万円くらいの楽器

セットで紹介したメーカーも、セットではない、セットより高い楽器を
作っています。
言い方を変えれば、上位クラスの楽器が作れる技術力ノウハウがあって
6~7万円セットを作ってる、ということです。
6~7万円以下のものを買うときは、そういうメーカー品にしましょう。

またセットは作っていない、数十万円より上の楽器しか作っていない
小規模な工房も、世界各地にたくさんあります。
ルーマニアのモガも、過去に何度かお勧めしたことがあります。

(2)の③⑤も参考になさってください。

(4)40万円以上の楽器

まず新作にするのか、中古にするのか、決めるとよいと思います。
新作が好きだったり、おめあての製作者さんがいるのでなければ、
中古をお勧めします。

どこの国のものがいいか、考えてみても良いかもしれません。
やはり国ごとの雰囲気というのは、あります。
40万円台のフランスのオールドがよく出ていた時期もありました。
日本ではイタリア製への信仰が強いので、イタリア製は割高です。

日本の、中堅の職人さんの楽器製作のレベルは高いです。
そうした方の新作楽器を考えてみても、いいかもしれません。
中古でなく新作がいいかなと思うなら、日本製はいかがでしょうか。
直に会いにいける職人さんが作った楽器を持つというのは、素敵では
ありませんか。
メンテナンスも大安心です。


(2)⑤でも述べたように、中古には素人目にはわからない瑕疵がある
ことがあります。
値段が適正かどうかも、素人にはわかりません。
信頼できるお店、信頼できる人から買いましょう。
あとは自分が、その楽器が好きかどうか。
高い楽器を買うときのポイントは、この2点と言っても過言ではありません。

目で見て、色や形が気に入るものにしましょう。

触ってみて、好きだと思えるものにしましょう。

弾いてみて、音色や振動が心地よいものにしましょう。

好きか嫌いか、ピンと来るものにしましょう。

恋人や伴侶を決めるときと、同じです。


耳元で聴こえる音が好きか、が 何よりも大切ですが、少し離れたところ
からどう聴こえるかも確認しましょう。
お店の方に弾いてもらってもいいし、知人を強制連行してもいいでしょう。
先生に相談してみてもいいかもしれません。
私も何度か同行したことがあります。

自分の楽器でも、違う人が弾くと 違う音が出ます。
楽器のポテンシャルを知るという意味では、自分より上手な人に弾いて
もらえたらいいですね。
専門の楽器店のスタッフさんのなかには、音大のバイオリン科を出られた
方もいます。
その方に弾いて頂けるよう、お願いしちゃってもいいかもしれません。

値段が、自身に納得のいくものか、確認するひとつの方法は、他の楽器と比べることです。
いま使っている楽器と比べる。
友人の楽器と比べる。
候補の楽器を弾き比べる。
それしかありません。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >バイオリン・ビオラは どれを買ったらいいか