Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

♪レッスンの引き出し

手首のフォーム はじめの一歩

初めてバイオリン・ビオラを構えたとき。

左のフォームで一番最初に覚えてもらいたいのが、左手首の角度です。

 

手首はまっすぐ。
へこんでも、出っ張っても、いけません。
肘からてのひらの真ん中まで、1本芯が通るようにしてください。

 

左手首は、楽器に隠れて、ダイレクトに自分の眼で見ることができません。
鏡にうつして確認しましょう。

 

手首の型は、指の使い方と切り離せない関係にあります。
手首の型が良くなれば、指の使い方も良くなります。
その逆もあります。
手首の角度がなかなか良くならない場合、指の使い方とセットで学ぶと、
改善しやすいです。

 

また、肩や胸の状態とも、密接な関りがあります。

 

 

左手首がへこんでしまう場合、左手と楽器のくっつくところに何か物体を入れます。
レッスンでは先生が指を入れて、家では消しゴムやコルク、ポストイットなどを

挟んでいただきます。
何か挟んだ方が弾きやすいことは、ほぼ全ての生徒さんが感じとってくれます。

 

小さな子のばあい、左手首が出っ張ることはほぼありません。

大抵へこみます。
レッスンでは先生が指を入れますが、家では保護者さんに指を入れていただきます。
じきに真っすぐになってきます。

 

私が子供のころは、卵を入れる、とか、小鳥さんを入れる、とか言われました。

 

大人の生徒さんは、へこむより出っ張ることが多いようです。
レッスンでは、先生がやんわりと手首や左肩を押します。
家でできる方法は、鏡を見ることくらいです。

そして胸郭や体幹を抜本的に直していくことです。

 

 

 

右のフォームで一番最初に覚えてもらいたいのが、手の甲の傾きです。

 

弓を持たされて無意識に握ると、手の甲が外側へ向きます。
弓を動かすのにこの形だと、手首の関節を左右に動かさなければなりません。
左右は可動域が狭く、とくに左側へは曲がりません。

 

手の甲を内側(自分側)へ向けると、手首の関節を上下に曲げて動かすことで、
弓の端から端まで使って弾くことができます。

 

私は子供のとき、手の甲に、水を入れたコップが乗るように、と言われました。
実際にはそんな角度にはなりませんが、とっかかりのイメージにはなります。

 

また弓の動かし方について、最初は「手首を山にする、谷にする」と教えますが、
動かし方の質を上げる段階に入ったら「左手首は受動的な関節」ということを
覚えてもらいます。

 

小さな子のばあい、弓をたくさん使わせます。
弓の竿に、目印となるシールを貼って、そこまで使うよう指示します。
するとたいていの子は、弾いているうちに、手の甲の向きが内側にひっくり返ります。
弦と弓の角度も90度で、端から端までまっすぐ弾くようになるので、ホント羨ましいです。

 

 

若い頃は何も考えなくてまっすぐになっていたハズが、歳を取ると体幹が衰え、
気づかぬ間にまっすぐで なくなってきます。
頭で原因と対処法を考えなければなりません。

 

フィギュアスケートの高橋大輔が、昔は何も考えずにジャンプを飛んでいたが、
今は頭で考えて飛んでいる、とある時言っていました。
私と一緒にしたらオコラレそうですが、深くうなずいてしまいました。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >手首のフォーム はじめの一歩