Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

♪レッスンの引き出し 道具編

奈良の島村楽器に行ってきました

3月に中学男子がイーストマンを、

4月に高校男子がスズキを、

6月に大学男子がチェコのアースミュージックのバイオリンセットを

奈良市の島村楽器で買ってきました。

 

初心者セットを購入するのに、お勧めしている楽器店のひとつではありましたが、

なんでみんなそんなに島村楽器へ行くんや。

(クロサワにも行ったげてね。)

 

生徒の話を聞くと、どうもシッカリした店員さんがいるようです。
生徒たちの買ってきた楽器を触って不思議に感じたこともあります。
付属品の品ぞろえも確認したい。
知り合いの先生もいる。(顔写真貼ってるかな?)

 

10年くらい前に一度覗いたことのある店舗でしたが、今どうなっているのでしょうか。

生徒に勧めておいて知らないというのもいけません。

というワケで、行ってきました。

 

 

 

 

並んでいる楽器をざっと見ると、低価格帯のセットの選択肢が充実 しています。

 

44千円 ニコロサンティ
62千円 イーストマン
88千円 スズキ
10万円強 アースミュージック

 

 

♪生徒が買ってきた イーストマン を触ったとき、品質に疑問を感じました。
バイオリンは木製品なので、どうしても当たりハズレがあります。
しかしこれまで見てきたイーストマンは、一定の品質が保たれていたのに、
どうしたのだろう?

 

ショーケースに陳列されているイーストマンを見てビックリ!
ベルナルデル松脂 と KUN肩当て が付いて62千円?
最安ランクのイーストマン定価は、松脂・肩当てなし72千円のはずですが。

 

弦楽器に詳しい店員さんが来てくださったので、質問してみました。
これは島村専用モデルで、お手頃価格にするため品質を押さえてもらっているそう。
ガテンがいきました。
イーストマンは中国製造の米国メーカーですが、日本に流通させるものは
東京の工房で最終仕上げを行っています。
島村モデルを作ってもらった、という話にも頷けます。

 

♪弓がフェルナンブーコになっているのもえらい!
普通セットバイオリンは、弓をブラジルウッドにして原価を抑えるのです。

初心者のお客さんに弓の良し悪しは分かりにくいものですが、最初から

良い弓で弾くほうが、良い弾き方を身につけることができます。

 

楽器と弓をばらばらに買うようになると、弓の価格は楽器の半分くらい

が目安、と言われます。

しかし私は、同じくらいの値段でもいいと思います。

それくらい弓は大切です。

 

 

♪生徒の買ってきた スズキ 200番台は、イーストマンと同グレードのはずなのに、

イーストマンと比べて妙に品質がいい。

 

店頭の値段の開きを見てガテンがいきました。
こちらもイーストマン同様「島村専用モデル」と書いてあります。
オリジナル200番台の弓はブラジルウッドですが、フェルナンブーコにアップされ、

弦もドミナントに変わっています。
本体の仕上げ・調整も、オリジナルからアップしているのでしょうか。
気になるところです。

 

 

♪顎当ても沢山並んでいました。
バイオリンを弾く側からするとこだわりたい付属品ですが、
利益率が低いため、沢山の種類を置いているお店はあまりありません。
予約をすればフィッティングさせてもらえるそうです。

 

♪中古楽器も何点かあり、しかも良心的な価格。
コンディションにふさわしくない値段で売られている中古楽器を、ネットや
色んな楽器を扱っている楽器店で見かけます。

メルカリで楽器を買った生徒さん、アジャスター付きテールピースに

交換するのに工房へ行ったら、指板がはがれかけていると診断され、

新品を買い直した方もおられました。

 

専門家でないと楽器の健康状態は分かりにくく、信用できるお店・人から

買わないと、リスキーなのです。

 

 

44千円のニコロサンティ、62千円のイーストマン、

そしてメンテナンスしていないが故に低価格で買える中古楽器も、

専門家(先生、楽器店の店員さん、工房の職人さん)から見るとお勧めできる

楽器ではありません。

しかし、まだバイオリンという楽器がどういうものか分からない、初めての方が、

お財布から7万円も8万円も出すのは勇気がいることです。

それがわかっているから、1台目として、まずは買って触ってみてくださいと

いう低価格帯の選択肢を、いくつか用意しているとのことでした。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >奈良の島村楽器に行ってきました