京田辺のバイオリン教室

お問い合わせはこちら

ブログ

バイオリン教室の様子がわかる情報が満載

♪レッスンの引き出し 身体編

バイオリンを弾くための身体を作る、私の推薦図書です。 バイオリンの技術を磨くための、レッスンで使っている教本については、以下のブログ記事でご覧ください。基礎練習教本と使い方(1)スケール基礎…

■バイオリンは、「バイオリン・ビオラ・チェロ専門」の実店舗で買いましょう。楽器のネット販売が好調なようです。 しかし、バイオリンは実店舗で買ったほうがいいです。ネットで、子供のために分数バイ…

■バイオリンの顎側の部分は凹凸の凸を横にしたような形、首は凹を横にしたような形をしている、と思いましょう。首にバイオリンが「ぱっこん」とはまり、且つ、動きがある状態がベスト。顎当てや肩当ては…

■バイオリンを座って弾くとき、太ももを外側へひらく方が多いのが気になっています。 男性が多いです。おじさまだけかと思いきや高校男子もなります。■太ももを外側へ開くと楽なのは、腹部の深層筋を使わ…

肩関節の動き方は(医学的に)何通りあると思いますか? 答えは4通り。  肩関節と言われても、肘や膝のようにイメージしにくいですね。肩は、鎖骨・肩甲骨・上腕骨の3つの骨が出会う、5つの関節の複合…

初めてバイオリン・ビオラを構えたとき。左のフォームで一番最初に覚えてもらいたいのが、左手首の角度です。手首はまっすぐ。 へこんでも、出っ張っても、いけません。 肘からてのひらの真ん中まで、1…

完璧に正常な人なんて、いないと思います。 100%普通な人も。どんな子も、すらすらできるコトと、つっかえてできないコトがあります。 何の曇りもない人はいません。「発達障害」「認知症」いずれも…

[1]音程・リズム・音楽をとらえる力[2]バイオリンという楽器の構造・特性の理解[3]弾き方、姿勢、演奏フォーム、身体の使い方これらが出来れば、バイオリンが弾けます。バイオリンを始めよう・…

桜の向こうにぼやけているのが、わが教室です。大阪市にお住まいだった山口秀雄先生は、シゲティの翻訳もされた、研究熱心な方でした。実践的なフィンガリング、ボーイングの分類、いかにムダな練習をし…

腕って何?胸ってどこかなあ?  上手になりたいのに行き詰っているなら、弾き辛さに苦しんでいるなら、バイオリンを弾く動きの仕組みを勉強するのもひとつの方法です。体の構造、骨と筋肉の名前と役割、…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。