中川恵バイオリン・ビオラ教室
お問い合わせはこちら

脚と足と、靴のはなし

脚と足と、靴のはなし

2020/07/10

下半身が身体を支える仕事をしていないと、上半身がそれをカバーしようとして、よけいな力が入ります。

“よけいな力を抜いて!”

多くの生徒さんがレッスンで言われていることでしょう。

しかし「よけいな力」は、理由があって入っているのです。

 

脚腰は意識の持ち方で修正しやすいですが、改善が難しいのが足裏です。
足裏のトラブルといえば、外反母趾や偏平足が よく取りあげられる症状です。しかし、

 

●なぜ外反母趾になるのか

●なにが問題の根幹なのか

●どうすれば改善するのか

●どんな靴がいいのか

 

の定説には、腑に落ちない点がたくさんありました。

 

(1)問題は「開張足」

①「開張足」とは

外反母趾、内反小趾、タコ魚の目などの足裏トラブルは、「開張足(カイチョウソク)」という経過をへて なります。
内反小趾とは、小指側が外反母趾のようになってしまうこと。
「開張足」は聞きなれない単語かもしれませんが、横アーチが崩れて広がっている状態のことです。

外反母趾の主たる原因は 先のとがったパンプスである、とは、もう今では言われません。
外反母趾は、パンプスを履かない男性にも見られますし、靴を履かない種族にもあるそうです。

足裏のアーチには、横アーチと縦アーチがあります。
アーチが崩れてしまっている状態、俗にいう偏平足は、縦アーチのことを指すと思われるでしょうが、実態としては横アーチの崩れが深刻なばあいが多いと思います。
足指の付け根の、いちばん幅広なところが 横アーチです。
親指の第2関節 と 小指の第3関節 をむすんだライン。
ここの外周が「足囲」で、靴のワイズになります。

ご多分にもれず私も、長いこと自分の足は、外反母趾 で 偏平足 だと思っていました。
でもまじまじと観察してみると、縦アーチはそれなりに有る。
指の付け根が、横へひろがって、平らになっている。
平らだから、親指が内向きに曲がった、ように見える。
そこで初めて、横アーチが無くなってしまった状態を「開張足」と呼ぶのだ、と知りました。
身体の不定愁訴が深刻になってきて、わかったのです。

●なぜ「開張足」になるのか
●どうすれば「「開張足」は良くなるのか

について、納得できる答えは 探してもありませんでした。
進行を止めることはできても、改善することはない。それが通説でした。

②オーダーインソール

※京都で作ったオーダーインソールの2足


フィッター業界でも一目おかれている先生に、オーダーインソールを作ってもらったのは、2013年頃だったと思います。
ドイツのオーダーインソール専用の靴が3~5万円、インソールが15千円でした。

インソール職人さんの多くがそうだと思いますが、”アーチの崩れたところをインソールでもちあげる” という考え方でした。
しかしそういうカーブになった靴底は、実際できあがったものを履いてみると、とても気持ち悪いのです。

これは顎当て・肩当てに通じるものがありました。
身体のラインにぴったりフィットした肩当て・顎当ては気持ち悪いのです。
自分の身体に合った肩当て・顎当てを探しもとめていた頃、私の執念に呆れはてた職人さんから フィッティングパーツを削る丸カンナを貸してもらい、自分で顎当てを削りました。
肩当ても削りました。曲げました。細工しました。
そして肩当ても顎当ても、ピッタリしたのは気持ちが悪い、遊びのような隙間がある方が心地よいのだ、ということが分かりました。

ガッチリした靴と、ピッタリしたインソール。
押さえつけられているような感じがしました。
身体が治ろうとするのを後押ししてくれるような、履いていて足がいきいきとしてくる 靴 や インソール や手法は、無いのでしょうか?
人間の身体は可逆性があるはずです。

これまでシューフィッターに選んでもらった靴をひっくりかえしてみたら、2足にEEと書いてありました。違うお店で買ったものです。
おぼろげな記憶をたどると、計測値はEで、余裕をもってEE。
とフィッターさんに判断された気がします。どちらのお店でも。

今年 測ったお店でも、立位でワイズE、外反母趾は境界値でした。
”膝や腰に不具合は無いのですか?” と聞かれました。
それほどの足裏にもかかわらず、脚腰はまったく問題ありません。
自分でも下半身のちぐはぐ感があります。

③弾力包帯やテーピング

※左から 弾力包帯、フットケア医院のテーピング、スポーツ用テーピングとアンダーラップ、ニューバランスのサポーター、地磁場を補うガイアス足裏パッド

開張している「足囲」を、弾力包帯でまく療法があります。
ものすごく対処療法ですが、症状が改善する事例もあるようです。
スポーツ用の 非伸縮テープで巻いても、同様な固定ができます。
足囲サポーターは、治療用やスポーツ用がいろいろ出ています。

何度か日常的にトライしてみましたが、長時間やるとかえって足に悪いと感じました。
あるフィッターさんにも、足の甲のすじを痛めると言われました。
スポーツやハイキングをする時には、良いと思います。
私は長靴で農作業するときに、テーピングしたりします。
靴のなかで足が横にすべって「開張」を助長してしまうからです。

フィッターさん達の言う 良い靴の条件に、「側面をしっかり支えてくれるもの」があります。
そうして勧めてくれる靴は、靴自体の側面はしっかりしていますが、靴の側面と足の側面のあいだに隙間があります。
これは足の側面をしっかり支えていると言えるのでしょうか?

④5本指ソックス

様々な布地や厚みの5本指を試していた時期がありました。
しかし身体が気持ち悪がって、無意識に脱いでしまうのです。
”ただでさえ「開張」しているのに、指と指の間に布が2枚入るのは、「開張」を助長してるのでは? それで身体がいやがるのでは?”
その時靴を選んでもらっていたフィッターさんには、”あなたの感じ方がおかしい” と言われました。
ただ背後で話を聞いていたスタッフの女性は、うんうんと頷いていました。

(2)「開張足」にさかのぼる要因、「過剰回内」

そんな中、水谷慶高(ヨシタカ)さんの本に出会いました。
「足についての本当の知識」が一番読みやすいです。
京田辺市の図書館にあり。(井手町はない。)

①「過剰回内」とは

「回内」とは、身体の動作の方向性を示す 専門用語です。
膝が「回内」するとは、膝が内側の下側へ向くことです。
膝だけが内の下へ向くことはできませんから、「過剰回内」は脚全体、下半身全体の問題です。「過回内」ともいいます。

西欧諸国では足病医学という科があり、足病医がいます。
そして外反母趾などの足裏トラブルは、「過剰回内」から始まるとされてます。

過剰回内 →足首の崩れ →開張足 →外反母趾など

すねの骨と 足指の骨のあいだに、じゃり石のような骨が7つあります。
これらを 足根骨(ソッコンコツ)と呼びます。
7つの中で 1つだけ、足底面にない骨があります。
すねの骨との中継をしている「距骨(キョコツ)」です。
「距骨」と、その下の「距骨 下 関節(キョコツ カ カンセツ)」には全体重が乗ります。
足底面6つの骨への中継地点になっているのです。
「足首の崩れ」とは、これらの配置が 崩れてしまった状態を指します。
たいていの骨には、筋肉がついています。
骨と骨を筋肉がつないで、身体を動かしています。
しかし「距骨」には、筋肉がついていないのだそうです。

手首にもありますよね。じゃり石。
両手両足の骨の数は25強×4≒約100余り。
身体全体の骨は200余なので、半分が手足の骨なのです。

過剰回内が足裏トラブル全般の元であることは、日本でもスポーツ界では常識となっています。でも靴業界には来ていません。

この説は、自分の身体の実感として、非常に納得がいきました。
自分の脚を観察すると、「回内」気味でした。
膝を外&上へ向けるように意識すると、少し動かせそうでした。
それからは常に膝を意識して、立ったり歩いたりするようになりました。
数年かかりましたが、腹~腰~脚にかけての外的ライン、インナーマッスル等の内面が、ずいぶん変化しました。

膝を内側や外側へ向ける筋肉は、股関節のまわりにあります。

腹部インナーマッスルの低下
 →股関節のマッスルの低下
  →膝の過剰回内

ということが言えると思います。
膝の向きを気をつけることで、股関節や腹部のインナーマッスルが働くようになってきました。
バイオリンが弾きやすくなったことは、言うまでもありません。

日本人の7割が過剰回内だそうです。
生徒さんたちを見ていても、そう思います。
一部の生徒さんに、レッスンの中で 膝の向きを変えるよう指導してみたことがあります。
外側&上向きは難しいかもと感じたので、「外へ向ける」「上へ向ける」を別々に意識してバイオリンを弾いてもらうと、おひとり劇的に変わった方がおられました。
彼女はそれまでにも、”身体をこうしてみましょう” という私の一見バイオリンとは関係なさそうな話を素直に実践する方でしたが、その経験以降 よりいっそうヘンテコ指示の意識に励むようになり、ぐんぐん上達していきました。

何故わたしたちの膝は、回内気味になってきたのか?
身体を動かすのが不足していることもあるでしょうが、都市化により、地磁気が弱くなり人工電磁波が強くなったことも、原因としてある思います。

②スーパーフィート

※写真左の黄色いのは踵の高い靴用、右端のはパンプス用]

 

足裏のアーチは、足裏の下から持ちあげても戻りません。
でもほかに手だてがないので、足裏からのアプローチをみな考えます。
多くのフィッターやお医者さんは、アーチの崩れたところを持ち上げるインソールを、競いあって作ります。

スーパーフィートというインソールは、思想がまったく違い、「距骨下関節」をサポートするという考え方で、アメリカの足病医が開発しました。
かかとの部分にもっとも大事な特許があります。
この思想のインソールは、スーパーフィート以外にも出てきており、日本発のものも現在あります。

スーパーフィートは、プロアマ問わず 走る人に評価が高く、主にスポーツ店で売っています。
通常の歩行に向くタイプもあり、男性用のビジネスシューズや、パンプスに使えるものもあります。
価格は、靴を買いなおすより安いですが、へたりやすく寿命が短い気がします。
靴底より数mm小さめにカットするよう勧められますが、カットしすぎると指先が段差に当たって痛いです。
また硬いインソールなので(その硬さにも理由があるようですが)、「開張足」につきものの魚の目やタコも痛いです。
私は、足側にクッションになるものを貼って、使っていました。

身体のパフォーマンスを上げるという視点では、非常に優れたインソールと思います。
しかし、病気といえる段階になってしまった足裏には、すこし厳しいツールかもしれません。

③水谷さんのレクチャーを受ける

病理学的というより、身体のパフォーマンスをいかに高めるかというスポーツ医学の視点ではありましたが、水谷さんの洞察力のすごさにもっと話が聞きたい!と思い、スーパーフィートの販社向け研修にもぐりこんできました。
バイオリン教室がインソールを売るのは変なので、当時学んでいたアレクサンダーテクニークを言い訳にしてエントリーしました。
研修にきているのは殆どがスポーツ店の若者で、私はめっちゃ浮いていたと思います。

5本指ソックスの話をしたところ、水谷さんも私と全く同じご意見でした。
そして、”自分の感覚を信じるように” と言ってくれました。
この言葉は、その後の強い支えとなりました。

水口慶高さんのサイト

(3)横アーチと浮き指の関係

今年に入って、西村泰紀(タイキ)さんの本に出会いました。
「その靴、痛くないですか?」「痛い靴がラクに歩ける靴になる」
後者は部分的にマンガで読みやすくなっており、前者は少し詳しく書かれています。
どちらも京田辺市・井手町の図書館にあります。

①なぜ足指をあげてしまうのか

※写真はいろいろ試しているパッド類

「開張足」だと、タコや魚の目があると、足指が浮きます。
足指をおろすと、タコや魚の目があたって痛い。
足指をおろすと、横アーチの横広がりが、さらに広がってしまう。
足指をおろして重心が前にくると、足裏や甲の スジ が痛くなり、それを避けようと 屈み指(ハンマー指)になります。
足指を浮かせるのは、横アーチがこれ以上広がらないよう、屈み指にならないよう、身体が抵抗している状態だったのでした。

スリッパで立っているときなら、タコや魚の目は痛くないので、指は降ろせます。
立ってるだけなら、歩いているときに比べ、横アーチへの荷重もかかりません。
なのに気がついたら、持ち上げている。
座っていて、脚を組んでいて、足が宙にあっても、持ち上げている。
甲の筋肉を引っぱるのが、習慣化してしまっています。
裏の筋肉が伸びきってしまっている、とも言えます。

裏の筋肉に気持ちのいい刺激になるのが、ゴルフボールです。
机の下などに1個ころがしておいて、足裏でごろごろすると、足指がおろしやすくなります。

立っているときに足指を上げていると気づいたら、そおっと降ろします。
そして、全身へ波及する「ゆるみ」を感じるようにします。
私は 下顎をこわばらせたり、右肩を押し下げるクセが悩みなのですが、関係してそうです。

②横アーチをパッドで持ち上げる

横アーチ中央の1cmかかと寄りに パッドを入れて持ちあげると、「親指の付け根の母趾球」「小指の付け根の小趾球」「5本の指」が下へおろせ、立ちやすく歩きやすくなります。

もう1cmかかとに寄ると、湧泉というツボ。
足裏がむずがゆくなったとき、自然と手が行く場所です。
これまでオーダーインソールで持ち上げられてきたのは、湧泉より更にかかと寄りでした。
パッドを入れて持ちあげるのは湧泉のツボあたり、との考え方が主流なようです。

家での履きものにパッドを仕込めないか?考えてみました。
家での履きものは 靴よりゆったりしているので、履きもの側にパッドを入れても足裏のいい位置にきません。
シリコン製のパッドを足裏に貼りつけ、そおっと履きものに入れるとうまく行きます。

靴よりふかふかしている室内履きは、横アーチパッドでは薄すぎて、足裏が持ち上がりません。
内側縦アーチ用の厚みのあるパッドを使うと、ちょうどいいです。
うまく足指が下がると、腹部がすっきりと感じられ、意識が冴えてきます。

(4)足を支えてくれる靴とは

※大阪で、ベテランフィッターさんに選んでもらった靴。
 ワイズがぶかぶかで、靴のなかで足が横すべりする。

非伸縮のテーピングテープで「足囲」をテーピングした足を見ると、”いい型だな”と思います。
手で両側から押すように握っても、同じような形になります。
足裏側から働きかけた足を見ても、「足囲」はだらしなく広がったままです。
こういう足に、靴がしてくれないでしょうか?

幅狭靴メーカーのサイトをみて、自分で「足囲」を測ってみました。
空中で測ったところ、私はワイズBでした。
立位・座位ではワイズE。
座位(立位)と空中が2サイズ以上違うと 「開張足」だそうです。
3サイズ違う私は、立派な「開張足」ということになります。

”空中の足の形が、本当の足の形”
”地面に着地したとき、衝撃で平べったくなる足の型を、できるだけ崩さないようにするのが良い靴(インソール)”
そう水口さんが言っていたのを思い出しました。

靴のワイズはぴったり、少しきついくらいがいい。
そうでないと、靴のなかで足が横に揺れます。

過去シューフィッターさんに選んでもらった靴は、足の揺れを、下からインソール、上から紐・ベルトで止めようとしています。
最近出会った方も、自社製の幅広靴を持ってきて、”ワイズはインソールで調節できます” と言いました。
横長につぶれている「足囲」を、さらに横長にするのでしょうか。

前後にぴったり、つまり足指と靴のあいだがきちきちで、それにより靴のなかで足が動かないパンプスもあります。
店員さんが ”あなたに合うサイズはこれ!” というのに逆らって1サイズ大きいのを選んだにもかかわらず、です。
その店員さんは、”靴のなかで足がずれると履きにくいので、きつめがいい” とさかんに言っていました。
部分的には合っていますね。
でも足の指先は、ゆとりの空間があるほうが良いです。

2020.08.26| ワイズBの靴をさがして

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。