中川恵バイオリン・ビオラ教室

奈良の秋篠音楽堂クラシック発表会に、バイオリン教室の子供たちが出演

お問い合わせはこちら

秋篠音楽堂 発表会

秋篠音楽堂 発表会

2020/10/04

今年も、京田辺の松井山手で教えている天理楽器の子供たちのクラシック発表会が、秋篠音楽堂で開かれました。

コロナの影響で参加者は少なく、私の生徒からは小学生の男の子が2人出演しました。

 

会場は、奈良市の近鉄 大和西大寺駅すぐのショッピングモール「ならファミリー」の6階にある、客席数300余りの本格的クラシック専用ホール。

山城地域、京都南部から奈良市界隈にかけてダントツでイチバン素敵なクラシック専用ホールでしょう。

舞台上でスタインウェイとヤマハのグランドピアノが2台使え、ロビーとリハーサル室にもグランドピアノがあるピアニスト垂涎のホール。

 

コロナ下の厳戒態勢でしたが、家族や友人の演奏を聴くために足を運んだ聴衆は意外に多く、客席は市松模様に埋まっていました。

 

 

今回参加した2人は、松井山手の天理楽器に同じ日に体験レッスンに訪れ、同じ日からレッスンに通い出しました。 

お母様おふたりも愛情あふれる似通った雰囲気の方で、本人同士も1歳半ほど年が違うのですがウマが合うようでした。 

ご縁とは不思議なものです。 

 

小2のRくんは、スズキ1巻のアレグロと、テレビアニメ「鬼滅の刃」

のオープニングテーマに使われた LiSAの「紅蓮華」。

ちまたで流行っている曲にうとい私ですが、毎週レッスンもし、生徒のための模範演奏録音もして、すっかり頭にインプットされました。

イントロのコード進行がいいですね~。

ジブリとか、J-POPとか、シンプルで分かりやすい曲は好きです。

休憩時間にピアノパートを練習して遊んでいました。

 

小4のSくんは、「ひまわりの約束」と「名探偵コナンのテーマ」。

1曲は教本から選ぶよう言ったのですが、どうしてもこの2曲がしたいとのこと。

先生としてどう判断すべきか迷ったのですが、『先生の考え方を伝えた上で、本人に決めてもらう』ことにしました。

 

あなたの好きなようにしていいよ、と言うのは、優しい先生に見えるし、一見楽です。

しかし、あとで困らないよう練習してもらわんとイカンことがある、と考えている先生にとっては、苦しいものがあります。

”そうしたいんだね。わかった。いいよ~” と言いながら、必要なことを身につけてもらう隙を、常に虎視眈々と狙っているのです。

 

「ひまわりの約束」は、ほかの生徒さんもレッスンで弾いていました。

Sくんはコナンを、楽譜に忠実ではなく耳コピーで弾いていました。

私も ”こんな風に弾いて” と模範演奏をするとき、楽譜ではなく彼の顔を見て弾いたので、レッスンでは色んな音程・ビートが飛び交っていました。

 

巷ミュージックの楽曲は、売っている楽譜であっても、書きおこした人によってビミョーに違っていたりします。

ジブリでもディズニーでも、半音違っていたり、半拍違っていたりします。

歌謡曲も、歌い手さんの気分で変わったり、年月が経つと発表当初と変わったりします。

クラシック曲と違って、楽譜通り弾くことにはこだわりません。

 

しかし基本的な読譜力、基本的な弓使い、基本的な左手の形は、学んで欲しいなあと思います。

巷ミュージックばかり弾いていると、それらがおろそかになります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。