中川恵バイオリン・ビオラ教室

八幡市の田んぼで獲れたお米を、ハザかけで天日干しに

お問い合わせはこちら

新米のハザかけ天日干し

新米のハザかけ天日干し

2020/11/09

 

私が友人から借りている八幡市の田んぼで、昨日刈り残しの「旭」「タイ米」と、「赤米」「黒米」「緑米」の収穫をしました。

 

「旭」というのは、ササニシキの先祖にあたるお米です。

明治時代は西の「旭」 東の「亀の尾」と言われ、この2品種が日本中で作られていました。
現在わたしたちが食べているお米は、ほとんど「旭」「亀の尾」を祖先としています。

 

古い品種は、お米アレルギーが出にくいです。
それは「でんぷん」の組成が違っているから。
昔のお米はアミロースが多く、もちもち感の元となっているアミノペクチンが少なかったのですが、品種改良を進めるにつれアミノペクチンの比率が増えました。
それで、「糖化が進みやすい」「消化・吸収が速すぎる」お米になってしまったのです。

 

その古い品種ですが、すごい事実が分かってきました。
昔の人にとっては、当たり前のことだったのかもしれませんが。

 

お米はそもそも多年草、田植えしなくても 前の年の切り株から生えてくる。
誰に聞いたか忘れましたが、そんな情報を耳にしていました。
心の奥底で ”ほんとかも” との予感があっても、顕在意識は ”まさかぁ”。

”それがホントなら苦労しないよ”(=いままでの認識を否定されたくない)。

 

自分の知識・常識が否定される情報は、ニンゲン遠ざけたくなるものです。

 

しかしそれが八幡の田んぼで起きていたのです。

 

今年はあまり草取りをしてなかったものですから、勝手生えの稲がそこかしこに出穂していました。

前年や前々年のこぼれ種です。
植えてないのにラッキーだなあ、くらいにしか思っていませんでした。

が、刈るとき根元をよくよくよく見ると、去年刈り取った株から出ています。

今年 芽が出た株じゃないのです。
仰天して、離れている仲間2人を即!呼びました。

6つの眼をみひらいて確認しました。

去年の枯れたストロー状の茎の内側から、今年の茎が出ています。

生命力の強い古いお米だからこそ、出現した事象だと思います。

 

肥料をやらなくても野菜は育つ、やらないほうが健やかに育つ。
そう聞かされたときのニンゲンの反応も、きっと同じなのでしょう。
私も、その情報がやってきてから腑に落ちるまで、2年を要しました。

 

稲の写真は・・撮ってません。

家にスマホ置いてったから。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。