中川恵バイオリン・ビオラ教室

枚方市の工房へ、バイオリンの毛替えと調整に行ってきました。

お問い合わせはこちら

枚方市へ バイオリンの毛替えと調整に

枚方市へ バイオリンの毛替えと調整に

2021/06/26

バイオリンの毛替えと調整に行ってきました。
大阪府 枚方市 樟葉の工房「Liuteria TAKASHI」

 

京田辺市と枚方市は大変近く、というか隣接しており、天気や気温・湿度はだいたい同じです。 

とくに、京田辺市の北西にある街 松井山手から 枚方市樟葉までは山手幹線が通っていて、車だと本当にすぐです。 バスもあります。 

 

 

バイオリンを習っていると、この楽器の操作はミリ単位であることが分かってくると思います。
左指の置く場所が1mm違うと音程が狂ってしまうし、弓の角度がわずかに違うだけで音がかすれます。

 

しかしバイオリンのメンテナンスはコンマミリ単位。
クサビの削りカスなど、10枚重ねても1mmにならなそうです。

 

 

■今日はこんなことをしてもらいました。

 

♪弓の毛替え
毛量を2割ほど減らしてもらいました。
毛替え前の状態が、標準より2割ほど多かったとのこと。

 

♪弓先のティップ交換
以前からヒビが入っていたのですが、古い毛を取ったら割れていました。
ティップは薄いほど運弓の反応はいいのでしょうが、強度が落ちるので、少しだけ厚めにしてくれました。

 

 

弓が軽くて速く動かせるようになりました。

弓元の折り返しがふらつきにくく、弓先もぴたりと吸い付きやすい。

 

腰の弱いオールド弓なので、毛量が少ない方が負荷も減ります。
私が現役のあいだ 弓には元気でいて欲しいので、竿にかかるテンションが減ったのは大事なことです。

 

弓が軽くなったので、弓元で折り返したあとの音に、子音が付きにくい。
全体的に、しっかりした音を出したい場合は、少し重みが要るようになりました。
でもこの毛量が標準とのことなので、自分の弾き方を修正していきたいと思います。

 

 

 

 

■楽器のほうは、こんなことをしてもらいました。

 

♪ナットのE線の溝を削ってなめらかに

4弦の音を確認してもらうと、E線が少しピリついていました。

毎日聴いていると気づかないものですね。

 

♪魂柱の位置を少し駒寄りに

標準より少し駒から離れていたそう。

恐らく理由があってそうしてもらったのですが(もう忘れた)、音がモサッとしていてレスポンスが悪いと感じていたので、近づけてもらいました。

 

♪E線アジャスターのネジのサビを取ってもらった

もう古いんですかね、そろそろ交換かな、と私が言ったら点検してくれて、ただサビていただけでした。(汗)

新品のようなスムーズは動きではありませんが、可動域が戻りました。

 

 

全体的に音がクリアになって、反応が良くなりました。
とくにD線G線の音がモサモサしていたのが、すっきり。
低音の雑味が減って 音色は平坦になったけど、発音はしやすくなりました。
レッスンにはこの状態が向いていると思います。

 

 

 

 

■最後に、今回は直さなかった保留事項。

 

♪弓のフロッグの貝スライドが浮いている
半月リングに押さえてもらう部分が、折れて無くなっているため。
(次回直してもらおうと思う。)

 

 

♪指板が下がって きており、E線側の弦高(指板から弦の高さ)が開いている。
とくに真ん中あたりが凹み気味だが、E線ハイポジションの高さは標準。

 

指板は年月が経つと、左指で触っているところが凹んできて、宙に浮いている駒側が下がってきて、そして弦高が広がります。

 

E線ハイポジションの高さは、低めに調整してもらったはずなので、標準ということは弦高が下がってきているということ。

バイオリンは、白人男性が決めたサイズです。日本人女性は弦高を低めにし、ネックも削ってもらうと、弾きやすくなります。

 

どのくらい凹んだら、また下がったら、の判断は人それぞれですが、何年~何十年かに一度オーバーホールが必要な箇所です。

指板を上げるのは大工事になりますが、駒の高さを削ってもらうことで微妙な弦高の調節ができます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。