京田辺で、地球環境の映画上映会があります

お問い合わせはこちら

京田辺で、地球環境の映画上映会があります

京田辺で、地球環境の映画上映会があります

2021/08/17

会場が、京田辺市立 社会福祉文化センターから 変更となりました。

「なな色の空」

京田辺市三山木垣ノ内

JR同志社前から徒歩3分 近鉄興戸駅から徒歩6分

 

----------------

京田辺市で、私の友人が地球環境についての映画上映会をします。

友人は、子供たちを京田辺シュタイナー学校に通わせ、三重県で自然農法と自給生活をしています。
サンゴ礁を守る活動についてのドキュメンタリー作品だそうで、”神の島”と称されている 沖縄の久高島、オーストラリアのグレート・バリア・リーフ、などが取り上げられているそうです。


セーブ・ザ・リーフ -行動するとき-
SAVE the Reef  – Act Now –

 

2021年 8月26日 (木) 13時~16時

京田辺市立 社会福祉文化センター 第1研修室
〒610-0332 京都府京田辺市興戸犬伏5−8
近鉄興戸駅、JR同志社前駅から徒歩10分

 

定員60名 500円

※100名用の会場ですが、60名で使用します。
 60名で500円だと会場費がまかなえないのですが、主催者サイドで負担するそうです。

 

京田辺市近界隈のお近くの方は、ぜひ観にきてください。
当日、バイオリンを背負ってうろうろしているおばさんがいたら、それは私です。

 

 

 

 

昨今は売りつけられる商品、Pull ではなく Push されるモノが増えています。
たいした額ではないけれど、こんなことを思い出します。


賃貸マンションに入居したとき、量販店から洗濯機の取り付けサービスに派遣された業者さんから 1500円くらいでしたでしょうか、水道の蛇口と洗濯機のホースを固定するパーツの購入を勧められました。
国のなんたら機関の推奨品で、これまでの固定方法ではホースが外れる危険性があり、など流ちょうに説明されて、つい買ってしまいました。

 

引っ越しの直前直後は、忙しさのあまり、思考停止に陥っていて、なんでもパッパと片付けたく判断したくなる。
あとから落ち着いて考えると、あれは要らなかったかも、と思う。

 

ほかにも、Yes と言いやすいタイミングを狙って Push されることが多い現代社会。

 

どうして買っておこうという心理になるのか考えてみると、「分断」かなあと思う。
世の中と自分のつながり、人と人のつながりが「分離」している不安がゆえに、そういう判断をしてしまう自分がいる、気がする。

 

そうして現代社会は、地球から無駄に採掘し、無駄に消費する。
どんな商品もサービスも、地球からしか入手できない。
(いや、今後は宇宙からも。。)
そして要らなくなったら地球に捨てる。
地球は疲弊するばかりだ。

 

余計なものを買わないよう、「正気」を保つ仕掛け・仕組みを自分に作っておかないと、個人も地球も危ない。
という論旨の「イドコロをつくる 乱世で商機を失わないための暮らし方」by伊藤洋志 という本をちょうど読んだところです。

 

 

その洗濯機だけれど、「風機能」なる、雨の日などに洗濯物を乾かせます!という機能が付いていて、この長雨が続いた時期に使ってみました。
ところが・・脱水が続いているだけのような音がする。。
見に行ったら、洗濯物が洗濯槽のカベにへばりついていた。
へばりついていては乾かないでしょ!
洗濯槽の中で ふわんふわん しないと。

 

この洗濯機、安さに目がくらんで買い、後悔しているのは「家電製品あれこれ」の記事の通り。
私は「風機能」で買ったわけじゃないけど、新機能・新サービスに人は弱い。
これは少し前の時代の、Push 戦略だけれど。


 

 

 

どこの市町村に住んでいても、あしげく図書館に通う私。

最近 安田陽介さんという方が書いた「大文字山を食べる  -山菜・キノコ採集記-」なる本を読んだ。
京都の大文字山とその周辺で採れる山菜やキノコについて、書かれています。

ガイドブック的なものではなく、所感集・エッセイに近いのですが、著者の安田さんのモノの考え方に親近感を感じました。

 

-縄文時代の生活を理想としている。
-現代社会への帰属意識はかなり薄い。

 

-大文字山で会う奥様方に”生まれてくる時代をまちがえたね”と言われる。
-”食糧難になったら安田さんについていくわ”とも言われる。
-(申し訳ありませんが、御自身の旦那様についていってください。)


私はもし選べるとしたら、縄文時代も行ってみたいが、江戸時代に暮らしてみたい。

現代社会への帰属意識は、同じく薄い。

 

先生は生まれてくる時代をまちがえた、と生徒たちは思っている、かもしれない。
食糧難になっても先生のところには何かあるんじゃないか、と生徒たちは思っている、と思う。
(レッスンに通っていると、農産物のおすそ分けをもらえることがあります。)

 

江戸時代に新型コロナウイルスが出現したら、どうなっていたでしょうか。
”今年の風邪はタチが悪いねえ。。”
あちこちの井戸端会議でそんな会話が交わされたことでしょう。
ほんの数十年前だったとしても、”変なインフルエンザだね”で終わったかもしれません。
科学技術の進歩により「突き止められる」「分析できる」「分かってしまう」ことは、必ずしもいいことづくめではない。
「知らぬが仏」という言葉もあります。

 

安田さんは、”自然保護のために不便になってもいい” のだそうです。
おお、私と一緒やんけ!
今の暮らしは便利だけど、自然環境が美しくなくなってきているのが、とても残念です。
少々時代を後戻りしても、土とか河川や樹木が、本来の美しさを取り戻した姿を見たいです。

 

 

 


高知の山のてっぺんで、オーガニックな暮らしをしている早川ユミさんという、ちくちく作家さんがいます。
彼女のエッセイで知ったのですが、AERAのメルマガ 2019.3.6 の記事 に、農薬使用量と発達障害の関係がわかる表が載ったそうです。
農薬も障害も、日本と韓国がダントツのツートップ。

化学肥料が地球温暖化の一因だということも、マスコミで報道されるようになってきました。

 

農薬!というと誰しも、やっぱり減らさなあかんよなあ、という意識になりやすいのですが、
農薬を追い越して使われ出しているのが除草剤です。

 

ホームセンターへ行くと盛んに宣伝されているラウンドアップという除草剤。
ラウンドアップ(商品名)の主成分のグリホサート(化学物質名)は、2015年にWHOが発癌性物質と認めました。
世界が規制へ舵を切るなか、日本にガンガン輸入されています。
しかも、グリホサートよりラウンドアップの方が毒性が強いのだそうで。
東欧の穀倉地帯のなかには、ラウンドアップと、ラウンドアップに耐性のある作物の組み合わせで土地を使用したために、土壌が破壊されたところもあると聞いたことがあります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。