中川恵バイオリン・ビオラ教室

ネットでの中古バイオリン/分数バイオリン購入について

お問い合わせはこちら

アタリもあればハズレもある ネットの中古バイオリン

アタリもあればハズレもある ネットの中古バイオリン

2021/11/21

ネットでのバイオリン購入はあまりお勧めしません。

 

一番の理由は、アフターサービスが違ってくるからです。実店舗で正価で買ったばあい、購入直後になにかトラブルがあったり、ペグが回りにくいなど使いづらい箇所があれば、無償で対応してくれます。割引率の高いネットショップで買った場合、修理代も送料も無償であることはありえないと考えましょう。


バイオリンやビオラなど木製の、手作業の工程が多い楽器は、一種の工芸品です。
大量生産の工業製品のように「基本的に問題は起きない」とは考えない方がよいと思います。

 

中古バイオリンの場合、瑕疵のある可能性は、新作に比べて格段に跳ねあがります。

新作であればトラブルがあった場合それは出荷時からのものとみなしてもらえますが、中古の場合は瑕疵が隠れていることも前提のうえでの購入になるので、購入後の修理・調整は原則ユーザー負担になります。

ビオラの弓、チェロの弓が付いていたこともあります。

 

 

二つ目の理由は、勉強にならないからです。店舗へ足を運べば、バイオリンを選ぶときどんなところを見ればいいのか、直接話を聞くことができます。バイオリン関係のグッズにはどんなものがあるのか、目にすることができます。

いずれ弦は交換しなければならないし、弓の毛替えも必要です。ケースの買い替え時期がきたり、バイオリンを買い替えたいときが来るかもしれません。グッズを選びたいばあい、ネットでいくら情報を集めても「百聞は一見に如かず」です。肩当てなど、合うか合わないかは、自分のバイオリンに付けて弾いてみなければわかりません。

 

 

ネットでの中古バイオリン購入は、出費に見合わないバイオリンを買ってしまうケースもあれば、安価で質の良いバイオリンが手に入るケースもあります。ブレ幅が大きいという意味で、「リスクが高い」という表現がぴったりです。

 

アタリハズレの確率はどれくらいなのでしょう?
過去5年ほど遡って、生徒さんが買ったバイオリンのアタリハズレ度を、購入ルート別に集計してみました。

様々な楽器を扱う楽器店でも、バイオリン専門のスタッフさんがおられる店舗は、バイオリン専門店に含めました。


購入された額を毎回うかがってはいませんが、ほとんどがセットバイオリンなため、値段に見合っていたかどうかは、ラベルや品番、外観や生徒さんの話などから判断しました。自分が立ち会っていない高価な楽器は、集計対象から外しました。

 

 

◎アタリ
〇値段相応
△ややハズレ
✕ハズレ

 

 

バイオリン専門店・バイオリン工房 で購入


◎4/4新作
◎4/4Va  ネットでハズレVnを買った反省を踏まえ、工房で買った
◎60万オールド 先生が付き添って、自分で選んだ
◎1/2新作 選定と調整は職人さんにお任せ
〇4/4新作
〇4/4新作
〇1/4新作
△4/4新作 弓のネジが回らない 販売店からメーカーへ送り返して無償交換

 

 

様々な楽器をあつかう楽器店 で購入


◎4/4中古 アタリハズレの激しい店舗だったが、珍しくアタリがあった 先生立ち合い
〇4/4新作
〇4/4新作
〇4/4新作
〇4/4新作
〇4/4新作
〇1/4中古
〇1/10新作
△4/4新作 買って数週間後、指板がはがれる。販売店にて無償修理
△3/4新作 買って1年過ぎてから、指板がはがれる。販売店にて無償修理
△1/2中古
△1/2中古 音質が悪く、後日工房へ調整に出すことになった
△1/4中古 実店舗で何点か見比べて買ったようだが、音質が悪い
△1/8新作 ペグが止まらない 音質が悪い

 

 

ネットの楽器店 で購入

 

△4/4新作 HPには「職人が駒を調整」との記述があったが、子供の工作のような造作だった。
△1/4新作 4万で購入したそうだが、音質が悪く、発音しにくい。

 

 

メルカリやネットオークション で購入

 

◎4/4中古 経験者の生徒さんが、予備の楽器として購入
◎1/4中古 どれくらい続くか分からない1台目であったため、投資できないとの理由にて
○1/4中古
○4/4中古 3万円かけて修理
△4/4中古 弓はビオラのものが付いていたため、買い直し
✕4/4中古 3万円かけて修理
✕4/4中古 4万円かけて修理 弓はチェロのものが付いていた
✕4/4中古 指板の反りが激しく修理代がかかると言われ、新作を買い直し

 


サンプル数が少ないのですが、実店舗で買ったバイオリンは品質が安定していて、メルカリ等で買ったものはバラツキが大きいことがお分かりになりますでしょうか。
明らかに「ハズレ」と言えるケースは、メルカリ等しかありません。

ただメルカリ等でお買いになった楽器はほとんど値段を尋ねないので、もし数千円で買っていたとしたら、数万円かかった修理代だけで手に入ったお買い得品、と言えないこともありません。


良い実店舗の難点は、その所在が都会に集中していることです。
また7万円より下のグレードのバイオリンを取り扱っていないことがあります。
これは、7万円より安い価格帯では「楽器としての品質が維持できない」ためなのですが、何か月続くか分からない習い事の初期投資に7万円の負担は重すぎる、と感じられるご家庭も少なくないでしょう。

 

大阪梅田のクロサワバイオリン・奈良の島村楽器には5~6万円、場合によってはそれより安いセットバイオリンが置いてあります。子供さんや大人の初心者さんにまずはバイオリンを手にしてもらうことを優先して、品質には目をつぶった、苦渋の決断であったと思います。

島村モデルのイーストマンを2人の生徒が使っていますが、イーストマン標準の品質とはハッキリ違います。

 

ネットショップで買う場合、私がお伝えしている留意点は2つあります。
①実店舗もあるネットショップにする
②長年続いている店舗にする
 いつからネットショップを開いているかなどは、偽ることもできます。
 掲載情報の丁寧さや、過去から積み重ねられた情報量などを見て、判断しましょう。

 

ご武運を祈ります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。