中川恵バイオリン・ビオラ教室

バイオリンを売る前に、販売店がしていること

お問い合わせはこちら

バイオリンを売る前に、販売店がしていること

バイオリンを売る前に、販売店がしていること

2022/01/22

わたしが生徒さんのバイオリンを初めて拝見させてもらうとき、こんなところを見ています。

 

A)本体の重さや厚み、ネックの幅や太さ
A)ヒビや割れがないか
A)側板と表板・裏板が浮いていないか
A)ネックや指板がガタついてないか
A)指板が下がっていないか、弦高は適当か
A)弦の古さ
A)駒の加工は充分か
A)駒の位置、傾き
A)E線の駒へのくいこみ
A)ペグは吸いついているか
A)はじいた時、弾いた時、音色に不具合がないか
A)顎当てがガタついていないか

 

B)顎当てや肩当てが生徒さんに合ってそうか
B)アジャスターが生徒さんに適切か
B)エンドピンが尖ってないか

 

新しいバイオリンであればさらっと見るだけですが、家に眠っていたバイオリンを持ってこられたり、中古バイオリンを買ってこられたときは、入念にチェックして、工房で直してもらうべき点をピックアップします。

 

先生はバイオリンを「教える」「弾く」プロで、教えたり弾いたりしてお客様からお代をいただきます。
バイオリンという品物(物体)のプロは、それを製造したり販売したり、修繕したりする人です。売ることでお客様からお代をいただき、直すことでお代をいただきます。

バイオリン・ビオラ・チェロは販売されるとき、どんな確認がされているのでしょうか。

 

 

1)バイオリン・ビオラ・チェロ専門の工房

 

バイオリン工房は、調整や修理が主たる業務と思われがちですが、販売も大きな柱のひとつです。
様々な販売ルートの中で、販売前の点検が一番ちゃんとしているのはバイオリン工房です。

前掲した(A)の作業を、工房ではもっと質の高いレベルでしてくれます。

お客様の手に渡ったあとトラブルが発生したばあいの修理も、一番技術力が高く、一番値段が安くなります。


また魂柱やバスバーの状態確認は、職人さんでなければできません。工房での点検は(A)に加え

 

C)魂柱の位置や傾きは適当か
C)バスバーの位置は適当か、ハガレはないか

 

も見てくれます。

 

2年ほど前に生徒さんがメルカリで買った中古バイオリンは、私が発見できなかったネックの剥がれが工房で判明しました。ほかの部分の修繕費もかさんだため、結局生徒さんは工房で新作のバイオリンを買い直しました。

 

 

4万円~十数万円の初心者向けセットバイオリンは、そのままお客様へ渡せる状態でメーカーから出荷されます。昔はそうではありませんでしたが、多様な販売ルートでさばけるよう、知識がない小売店経由でも売ることができるよう、バイオリンの製造・販売がグローバル化しだした頃から戦略的にそう変わってきました。


セットバイオリンは競争が激しく利幅が少ない環境で 大量生産されているので、年代やロットによっては著しい不具合が出ることがあります。けれど工房の職人さんからお客様の手へ渡るルートでは、1本づつ点検され、不具合があれば手直しされてから販売されるので、購入後に困ったことがおきることは少ないのです。

 

最近のエナバイオリンは、ペグが良くありません。ペグは、ペグ穴との摩擦で止まっています。ペグとペグ穴の面が噛み合っていないと、ペグが戻りやすく、音程が狂いやすくなります。多少の齟齬ならペグソープ(ペグコンポジション)を塗れば止まりますが、最近のエナは止まらないケースが増えています。穴の位置がボックスにかかってしまって止まらないバイオリンもありました。
いずれも工房で買っていれば、おそらく無償で直してもらえたでしょう。

 

楽器店の教室で、先生に「バイオリンはどこで買ったらいいでしょう?」と聞いても、その部屋のすぐ外で販売しているわけです。
先生としては、まだ関係性のできていない生徒さんに対しては「ここで買えますよ」という返事になりやすいし、契約書に「当店のバイオリンを販売せよ」と書かれていることもあります。

 

バイオリン工房は、複数名のスタッフ・職人さんで運営しているところもありますが、お1人でされているところも沢山あります。常時置いてある楽器の台数も、楽器店のようにはいきません。気軽に入店して、弾き比べたり、また断ったりしにくいところです。
しかし私がお世話になっている中堅の職人さんは、お2人とも、「ふらっと入ってもらっていいんです」と言いました。その言葉通り、店舗の道路に面した部分はガラス張りになっています。

 

作り手側の視点に偏っている職人さんもおられますが、私と生徒たちがお世話になっている工房はそうではありません。私は製造や修繕の知識を持とうと努力している先生ですが、かの職人さんたちは弾き手側の視点に立って考えようと努力されています。

 

 

2)バイオリン・ビオラ・チェロ専門の楽器店

 

1台目のバイオリンを買うときに、お勧めタイプの店舗です。楽器販売店と工房を併設しているお店もあります。

管楽器は、管楽器系の楽器店や工房があるのですが、オーケストラで使われるクラシック系の楽器というくくりでご商売されているお店もあります。
店員さんは、作り手と弾き手 双方の専門知識を合わせもっていることが多く、工房より弾き手の心情にそったアドバイスをしてくれます。

 

私がお勧めしている楽器店は、多くのスタッフが音大でバイオリンやチェロを学んできていますが、大人の初心者さんにも懇切丁寧な応対をしてくれます。専門店でありながら、ふらっと入って楽器を触らせてもらうこともできます。

このタイプの楽器店は、規模の小さなところをのぞいて、職人さんが社員として常駐しています。
購入前の点検や調整、購入後のアフターフォローは、バイオリン工房と同様にしてくれます。

 

また(3)の様々な楽器を扱っている楽器店でも、バイオリン類に力を入れていたり、専門のスタッフが常駐しているところがあります。毛替えなどのメンテナンスは預かりになることが多いですが、初めてのバイオリンを購入するときなどは足を踏み入れやすいお店です。

 

訪問時に目的を果たしたいときは、事前予約をしましょう。いずれのタイプの店舗でもそうですが、売り手は早く商品を渡したいし、買い手は早く商品を受け取りたいものです。そうなると充分な点検をしていないのに、商品をお客様に引き渡してしまう、ということが起こりがちです。

 

今年(2)楽器店で、意欲に燃えた?大人の初心者Aさんが、バイオリンを買ってきました。

「敷居が高そうだな~とプレッシャーを感じるなら、最初は下見と思ってフラッと立ち寄ってもいいんですよ」と私が言い添えたので、予約せず行ったようです。

初心者向けセットを選びましたが、点検・調整してからお渡しするので再度ご来店ください、と言われたそうです。

そのバイオリンが、Aさんが訪れたときどんな状態だったかは分からないのですが、(3)の店舗であればその場で渡しているでしょう。

 

去年(3)だけどバイオリン専門スタッフのいる楽器店で、熱意を胸に?大人の初心者Bさんがバイオリンを買ってきました。

初めての訪問だから見るだけになるかもしれない、と考えたのでしょうか、予約をせずに立ち寄りました。

専門スタッフさんはいなかったのですが、決心がつき、初心者セットを買ってきました。

幾度かのレッスンののち、これはメーカー起因では?と思われる不具合があり、予約のうえ楽器店で見てもらいました。めでたく無償交換となりましたが、メーカーへ返送してから新品が届けられるため、一週間弱 練習ができませんでした。

 

 

3)様々な楽器を扱っている楽器店

 

都市部を離れると、様々な楽器をあつかっている楽器店しかありません。何十種類もの楽器を取りあつかっているので、専門知識は期待できませんが、そんな中にも良心的でよいお店があります。よいお店は、店内の雰囲気やスタッフの応対に表れますので、バイオリンという大きな買い物をする前に、陳列棚を眺めにいったり、小さな買い物をしてみましょう。

 

こういった楽器店でバイオリンを買うと、メーカー出荷時のものをそのまま渡されます。取り扱い方法を説明してもらえないこともあります。

毛替えや楽器の調整も預かりになり、戻ってくるのは早くて一週間です。預かりのあいだ代替品を出してくれることもあります。

 

預かりになった楽器が、どのようにして職人さんの手元へ届けられるかご存じですか?
宅急便です。

 

楽器店の生徒で、イーストマン分数バイオリンの指板のハガレが、続けて起こったことがありました。
サイズアップした3/4が購入後すぐはがれ、1/2を使おうと取り出してみたところ1/2もはがれていたそうです。冬場でしたので、保管場所の湿度が低く、木が縮んだのではないかと思います。1/2は購入してから1年以上経っていましたが、製造時の不良と判断してもらえました。
最近のセットバイオリンは1年間(故意ではない破損は)無料修理の保証がついていることがあり、イーストマンにもついています。
2台とも無料で直してもらえましたが、半月ほど練習ができず、月謝も返ってきませんでした。

 

 

4)ネットショップ

 

買い手との距離が遠くなれば、販売前の確認や調整がおろそかになりがちなのは否めません。
実店舗が運営しているネットショップは、実店舗と同じサービスレベルと考えていいと思います。
またネットショップonlyの楽器販売店でも、ネットショップだからこそ信頼を勝ち得ようと努力しているお店もあります。お店の自己紹介や、お客様対応のようすを、文章から読み取りましょう。

 

誰にでも(私にも)バイアスというものがあって、「いいお店であってほしい!」と思うといいお店に見えてきます。「職人が駒を削っています」という記述を読んで、ちゃんとしてそうだと考え、バイオリンを買った生徒さんがおられました。駒を拝見したところ、小学生の工作のような削りあとで、まともな形になっていませんでした。
私も人には言えない?恥ずかしい買い物体験をいろいろとして来ました。お互い気をつけましょう。

 

最期に。


♪)店ではなく人です

 

ネットの楽器店で安いハズレのバイオリンを買ってしまった生徒さんから、「手直ししてもらうのに、工房へ持っていくのと、(職人さんがいる)楽器店へ持っていくのと、どちらがいいか?」と聞かれたことがあります。

 

こう答えました。「どちらの立場にいる職人さんの方が、覚悟をもって仕事をしているでしょうか?」


その生徒さんは言いました。「分かってる。だからこそ敷居が高い。こんなバイオリンを持っていって失礼ではないか?」
確かにタカピーな職人さんもいます。安価な楽器に顔をしかめたり、うちで買ってない楽器の面倒は見れないと言ったり。


生徒さんは時間をかけて(1)~(3)タイプのお店をまわり、数カ月後に結局、枚方の工房で長く使えるバイオリンを買いました。もう習いに来てはいなかったのですが、「工房で買って良かったです」との報告がきました。

 

仕事をするのは個人です。しかしまた個人の仕事ぶりは、組織や関係者がどれだけ個人を大切にしているかでも、違ってきます。
大手楽器店で、レッスンに申し込んだのに先生が来なかった方や、注文した楽器が翌週も翌々週も用意されないでいる方なども見てきました。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。