小さな子に練習してもらうには

お問い合わせはこちら

小さな子に練習してもらうには

小さな子に練習してもらうには

2021/04/07

バイオリンは練習しないと上手になりません。
多くの習い事は「教室に通わせる=習う」ですが、バイオリンやピアノはおうちで毎日おさらいする必要があります。

 

小さくてもやる気を出してもらうためには、こんな方法があります。
★の数が多いほど 効果あり! です。

 

 

♫ 保護者さんが一緒に教室に通う ★★★

未就学~低学年は2人で一緒にレッスンを受けるのがいいでしょう。

小学校高学年になると、連続したレッスン枠で、2人それぞれ別にレッスンを受けるのがよいかもしれません。

保護者さんが好きだからという理由で続けるうちに、バイオリンが好きになり、自分から練習するようにもっていけたら作戦終了です。

 

 

♫ 保護者さんがピアノ伴奏する ★★

多くのバイオリン教本にはピアノ伴奏譜がついています。
安いキーボードなら1万円以下であります。

習い始めの曲のピアノ伴奏は、そう難しくありません。
当教室では保護者さんへのピアノ伴奏の指導もしています。

 

 

♫ 兄弟姉妹で一緒に習う ★★

サイズアップしていく必要があるバイオリンの場合、上の子が使わなくなった分数バイオリンを下の子が使うと、楽器代が半額?ですみます。

当教室では、連続した枠でおひとりづつレッスンすることもできますし、同時スタートであれば2人一緒に教えることもできます。

 

それぞれに、バイオリンとピアノをさせるのもいいでしょう。

レッスンルームが複数ある音楽教室でしたら、同じ時間帯で1人をバイオリン、1人をピアノの先生に預けるということも、できるでしょう。

どちらの楽器も、習い始めは同じような曲をしますので、相互に刺激になります。

 

バイオリンはイ長調から、ピアノはハ長調から始めるので、一緒に弾くのは難しいかもしれません。

(当教室には、お姉ちゃんのピアノと一緒に同じ曲を弾いている、と言う8歳の子がいます。調が違うはずなのですが、どちらかが移調しているのでしょうか? 子供の柔軟性というのは大したものです。)

 

 

♫ おもちゃのように気軽に触って遊んでもらう ★★★
バイオリンケースの蓋を開けっぱなしにして、すぐ触れる場所に置いておきます。
ただこれは、破壊されるリスクもあります。
オススメは目につく壁に掛けておくこと。
バイオリンと弓をそれぞれ子供の手が届かない高さにぶら下げて、頼まれたら大人が取ってあげます。

 

 

♫ 保護者さんが一緒に遊ぶ、弾く ★★★
1台のバイオリンを、2人で触ります。
1人が音程を押さえる役を、1人が弓をひいたり はじいたりして、途中で交替します。

椅子や台のうえに置いてやってもいいし、子供に構えさせて分担することも できます。

その具体的なやりかたも、レッスンで教えています。

 

 

♫ 生活のなかに組み込む ★★★

バイオリンを弾いてから朝ごはん。

バイオリンを弾いたら3時のおやつ。

学校から帰ってきたら、まずバイオリンを10分弾く。

など。

 

夕食後はバイオリンを弾く時間。

お母さんがお皿を洗っているあいだ、お父さんが聴いてあげる。

日によっては その逆にしてもいい。

 

8時になったら じいじとばあばがテレビ電話をかけてきて、披露する。

 

学校行事やお出かけで時間割りが普段と違うばあいは、練習しなくてもいい等、各家庭に合ったルールを本人と相談して決める。

 

 

♫ おやつなど物欲でつる ☆
最終手段。

バイオリンを弾いたらおやつの時間だよ、というのと、バイオリンを弾いたからおやつをあげるね、は異なります。

 

 

♫ ほめる ★

どんどん褒めて大丈夫な時期と、そうではない時期があります。
どんどん褒めて大丈夫な子と、そうではない子がいます。

 

「バイオリンは難しくて上手にできない」と感じてしまう子は、過度にほめられると、「上手にできない自分を見せたくない」という理由から、弾かなくなることがあります。

 

本人が上手に弾けた・頑張ったと思うタイミングと、大人の褒めるタイミングが一致すると、効力があります。

 

 

♫ 否定的なことを言わない ★★★
肯定的な言葉を返してあげられないときは、中立的な返事をしましょう。
例えば ”今の良かった?” と聴かれて、良かったと感じられないときは、”そうねえ” などと返事をします。

 

下記のブログ記事も参考になさってください。 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。