中川恵バイオリン・ビオラ教室

バンクシーという画家

お問い合わせはこちら

バンクシーという画家

バンクシーという画家

2022/09/16

花束を投げる男。この画を初めて見たとき、うらやましかった。この画が伝えたいことは明白だ。
音楽ではダイレクトなメッセージは送れない。ショスタコーヴィチの交響曲第5番は、「カルメン」からの引用が共産党体制へのNOの意思表示だとの説があるが、そんなん聴くだけではわからない。。

 

バンクシーの画は、イスラエルがパレスチナを追いこんでいる分離壁のあちこちに描かれている。バンクシーが画を描くことによって、画を見に来ようとする観光客まで増えたそうだ。なんという影響力。

 


イスラエル・パレスチナ間の空爆やテロを、マスコミはあまり取り上げない。巷の話題に上らない。日本が、米国サイド(イスラエル側)についているからだと思う。

 

イスラエルとパレスチナの争いは、第一次世界大戦中イギリスが、パレスチナでのユダヤ人国家建設を認める(バルフォア宣言)一方、アラブ人にもパレスチナでの独立を約束した(フセイン・マクマホン協定)ことから始まった。

 

当時 植民地支配は西欧諸国みんながしていることで、自国の利益のためだった。悪いことだとは思わなかったのだろう。
しかし密命を帯びてアラブ人をだました「アラビアのロレンス」は、生涯自分のしたことに苦しんだそうだ。

その後の国連の不作為、アメリカの思惑などにより、紛争は泥沼化する。

 

生涯ただの一度も悪事を働いていない人はいない。私もしました。悪事はどうすれば許されるのだろう?
悪いことした。本人がそう思うかどうか。少なくとも私は、相手がそう思ったら、もう怒れない。

 

若かりしころ家で、韓国の従軍慰安婦たちが怒っているとのニュースが流れたとき、隣に座っていた人がこう言った。「しつこいねえ。お金払ったやん」 私は座布団ごと飛びあがるくらいビックリした。もし自分が慰安婦として連行されても、賠償金がもらえたら許せるのだろうか。

 

難しいのは、悪いことをしたと思っていない相手を許すことだ。「許す」ことは、自分の心の平和のためにするのであって、相手の状態とは関係がない。ということに初めて気づいたときの衝撃は大きかった。

 

 


東西ドイツの分離壁はよく知られている。高さは3.6m、長さは155km。

 

旧東ドイツの物理学者だったメルケルは、ドイツの壁が民衆の平和的なデモによって崩れた夜、そこにいあわせ、政治家へ転身するきっかけとなる。プーチンもKGBの責任者として、西側の手にわたると困る書類をせっせと焼いていたらしい。と、図書館の本で読んだあと、報道番組でも観た。

 

アンゲラ・メルケルのアンゲラは、天使のドイツ式発音かな? と思い調べてみたら、語源はやはりそうらしい。天使と聞いて私が連想するのは、三原順のマンガ「はみだしっ子」と、バンクシーの画だ。高さ8m、総延長700kmの壁を、左右からこじあけようとしている2人の天使の画。

 

ほかに風船を持って浮こうとしている少女の画。銃口を向けられた、防弾チョッキを着ているハトの画などがある。バンクシー自身も、描いているとき警備兵の銃口が向けられることもあるそうだ。

 


ロシアがウクライナへ侵攻したとき、まさかそんなことはするまいと思っていた世界は、びっくりした。ロシア政治の専門家たちは、プーチンの感情を計算に入れていなかった、ロシアはもっと合理的に行動すると思っていた、と言う。

 

真の手助けとは、兵器や資金を供与することではなく、和平の仲介だと思う。アンゲラ・メルケルがいたら、そうしたのではないか。私はプーチンが、中国のオリンピックだけでなく、メルケルの退陣も待っていたように思う。

 

税金など公の資金で軍需産業が儲かり(ODAの構造に似ている)、地球は壊れていくばかりだ。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。