中川恵バイオリン・ビオラ教室

バイオリンの電子チューナー、特にクリップ型チューナーの選び方や使い方について

お問い合わせはこちら

クリップ型チューナーの選び方・使い方

クリップ型チューナーの選び方・使い方

2021/12/20

■チューナーは卓上型とクリップ型がある

 

バイオリン・ビオラ・チェロの電子チューナーは、大きく分けて卓上型とクリップ型があります。
家での練習に使うなら卓上型にしましょう。
クリップ型より扱いやすく、画面が見やすいです。

KORGが先駆メーカーですが、YAMAHA製やSEIKO製も悪くないです。

この3社製以外で安すぎるものは、敬遠しましょう。

 

卓上型は少し大きくてかさばるので、シェル型(三角形)のバイオリンケースには入らないことがあります。

しかし習い始めはレッスン以外に出かけることもないでしょうし、レッスンでは先生が調弦してくれます。

アマオケに行き出した時に、クリップ型を検討したら良いと思います。

 

またメトロノーム機能が付いているものと付いていないものがありますが、どちらが良いかは人それぞれです。

私は置き型チューナーのメトロノームは、大変便利に使っています。

迷ったら、付いているものを買いましょう。

メトロノームは、バイオリンの上達に必須の道具です。

メトロノームの選び方や使い方は、こちらの記事でも少し触れています。

2020/06/23  家での練習  マストアイテムとその使い方

 

 

■クリップ型はオケでチューニングするとき便利

 

空気伝搬する音ではなく、楽器に挟むことでダイレクトに振動を拾うからです。
すぐ隣でほかの人が調弦していても、自分のバイオリンの音だけに反応します。

 

置き型チューナーも、チューナーマイクを使えば自分の楽器の音程だけを拾えます。

チューナーマイクは、片端を置き型チューナーのinの穴に挿し、片端のクリップを駒などに挟みます。

私のアンサンブルレッスンでも、置き型チューナーにチューナーマイクを接続して使っている生徒さんがいらっしゃいます。

 

 

■クリップ型チューナーの選び方

 

クリップ型チューナーを選ぶとき大切なのは

◎楽器に挟みやすい

◎画面を見やすく向けれる

ことです。
楽器に挟みにくいもの、画面がこっちを向かないものは、大変ストレスがあります。

アマオケなどで手早くチューニングを終える必要があるとき、挟みにくかったり画面がこっちを向いてくれなかったりすると焦ります。

 

ネットで「バイオリン」用の「クリップ型チューナー」を検索すると、多くの種類のチューナーが出てきますが、その殆どがバイオリンには向きません。
前述の2点を満たさないのです。
生徒さんが持ってくるクリップチューナーの中には、「挟みにくい」で済めばまだマシで、どう考えても挟めないタイプの品がありました。
ネックのどこに挟んでも画面がこっちを向かない、そんな商品もありました。
なぜそんな品がバイオリン用クリップチューナーとして紹介されているのか、販売されているのか、不思議でなりません。

 

私の知っている「スカッと挟めて」「画面が素直にこっち向く」クリップチューナーは、KORGです。

 

25年前初めて買ったクリップチューナーはKORGでした。
その頃は選択肢がKORGしか無かったように思います。
KORGの挟みやすさ、画面の見やすさを当たり前だと思って来ました。
それが25年後に、こんなにクリップチューナーが選びにくい状況になっているとは!

 

25年前KORGの欠点は、クリップと本体のあいだの首が「パキッ」っと折れやすいことでした。
で、パキッとやってしまいました。
更に、E音に反応しなくなってきました。
オケでは1Hzを聴きわける耳と素早くチューニングできる技があれば何とかなります。

そうしてクリップチューナーを持たずに凌いできましたが、年1回の秋篠音楽堂の舞台へ生徒を送り出すときは、やはりクリップチューナーが欲しいのでした。

365日のうちのたった1日ですが、クリップチューナーを買い直すことを決意。
挟みにくいクリップチューナーだらけの海へ、サーフィンに乗り出しました。


最初は片っぱしから記事を探して読んでいましたが、挟みやすさの情報がなかなか得られません。
一計を案じ、比較的信頼できると感じているネットショップを順繰りに覗いていきました。

 

とあるネットショップでは、SNARK というブランドのものをお勧めしていました。
デザインが格好いいし、値段も手ごろです。
しかしこれは、生徒さんが持っているのを見せてもらったことがあります。
あまり挟みやすくありませんでしたし、画面がケバケバしいです。

 

 

 

♪ダダリオのクリップチューナー

 

バイオリン界の老舗タツノヤのネットショップ「I Love Strings」では、ダダリオのクリップチューナー(上の写真)が載っていました。
ダダリオは弦メーカーとして有名で、歴史もあり信頼性もあります。
クリップ部分は2タイプあり、ネック周辺に装着するタイプと、バイオリン本体に取り付けられるようになっている新製品がありました。

 

バイオリンに向かないクリップチューナーが、何故バイオリン用とPRされてしまっているかといえば、各メーカーが ”どの楽器にも取り付けできる” クリップチューナーを目指したからです。
それ自体は、間違っているとは思いません。

コスト削減できて商品価格が下がれば、消費者にもメリットがあります。
しかし ”どの楽器にも取り付けできる” ものにした結果、どの楽器にも取り付けにくい中途半端な製品になってしまったのではないでしょうか。
多目的ホールは無目的ホール、のような。

 

そんな中、バイオリンの本体にしか取り付けられない製品を出しているダダリオは、えらいと感じました。
そこでネックに装着する方のタイプを買ってみました。
が、あきまへんでした。
この記事の役にだけ、立ちました。

 

ペグチューニングを考えれば、クリップチューナーはペグではなくボックスに取り付けできる方が良いのは自明の理です。

ダダリオのクリップでは、ボックスに取り付けできません。

バイオリン用として売られているクリップチューナーには、ペグにしか挟めないクリップの製品が少なくありません。

 

 

♪KORGのクリップチューナー
大阪梅田のクロサワバイオリンに寄った折、KORGのクリップチューナーが展示してあったので、試しに挟ませてもらいました。
挟みやすい~! 画面こっち向く~!
そういえばウチの生徒さんがコレ使ってたっけ。(はよ思い出せ!)

帰宅して25年前のもの(写真奥)と比べてみたら、クリップ部分はまったく一緒でした。

 

 

■表示画面の見やすさ

 

も私は気になります。
昔の製品はモノクロでした。今はカラーしかありません。
色彩豊かでチカチカするものは、眼が疲れます。

 

KORGのクリップチューナーもカラーですが、これまで見たクリップ型チューナーのなかでは一番地味で落ち着きます。

 


■バイオリンの基準音A(ラ)は442Hz

 

昨今のチューナーは、周波数の設定変更ができるものが殆どなので、
「買ったはいいが、バイオリンの442Hzに出来なかった!」という事件はほぼ起こりません。
しかし私は一度、生徒さんの持ってこられたチューナーで、442Hzに設定できなかったものに遭遇したことがあります。
それはお母様が使われていた「和楽器」用のものでした。
そんなこともあるので、買うときは442Hzに設定できる品物か否か、ちょっぴりご注意ください。

 

初期値は440Hzであることが多いです。

また442にしたあとで、周波数を上げ下げするボタンをうっかり押してしまうこともあります。

他の先生から移ってこられた生徒さんの中に、長年442Hzではない周波数で調弦をされていた方がおられました。
自分が普段使っているチューナーが442になっているか、気にかけましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。