中川恵バイオリン・ビオラ教室

子供にバイオリンを習わせたときの費用

お問い合わせはこちら

子供にバイオリンを習わせたときの費用

子供にバイオリンを習わせたときの費用

2022/02/26

子供にバイオリンを習わせた場合、どれくらいの費用がかかるのでしょう?

 

小学校 低学年から1/4サイズで始め、高校受験の手前まで続けて、スズキの後半までいったと仮定してみましょう。大学オケや市民オケで、アマチュアとして活躍できるくらいの腕前です。

 

京都は土地柄 中学受験が多いため、小学校高学年一旦止めて、中1からレッスンを再開する生徒さんもおられます。それぞれのご家庭の事情に合わせて計算してみてください。

 


1)バイオリンなどの道具代

 

①バイオリン・弓・ケース 1/4、1/2、3/4、4/4
 8万円 ✕ 4 = 32万円

 

 バイオリンがどれだけ続くかわからない1台目は、ネットで安いものを買ってもいいと思います。それ以降は、8万円くらいの予算で考えましょう。

 

値段が上がるほど弾きやすくて音質がよいバイオリンが手に入ります。くわしくは以下の記事をご覧ください。弾きやすくて音質がよいバイオリンほど、練習意欲がわくのは言うまでもありません。

 

2019.12.02 バイオリンはどこで買ったらいいか
「バイオリン どこで買う?」タグ

 

分数バイオリンをサイズアップする時、下取りしてもらえることもあります。業界の商習慣として、買った店舗であれば必ず下取りしてくれます。また買っていない店舗より、高く下取りしてくれると思います。

ただ、下取り価格はあまり高くはありません。中古バイオリンを仕入れて販売する際は、毛替えと弦交換をするし、瑕疵のリスクがあるからです。

 

 

②肩当て、松脂、チューナー、譜面台
 2万円~

 

 肩当ては、最初はどれが合うかわからないので、バイオリンを買ったお店で付けてもらいましょう。

 

分数バイオリン用の肩当ては、1個で複数サイズに使えるようになっています。

KUNは1/8と1/4が兼用、1/2と3/4が兼用できるようになっているので、1/4からスタートすると3個いります。
1/4と1/2が兼用、3/4と4/4が兼用というメーカーもあります。

 

肩当ては弾きやすさに直結する道具なので、合わない場合は買い直したほうがいいです。数千円の出費で劇的に弾きやすさが変わることもあるので、諦めずに合うものを探しましょう。

 

顎当てを買い直したほうがいい場合もあります。顎当ても、弾きやすさに直結します。

 

2022.08.08  子供用のブリッジ型 肩当て

2023.01.18 ハンドタオルで作る バイオリン肩当て

2019.07.25 顎当てと肩当ての 合わせ方

 

 

松脂・チューナー・譜面台は、1つ買えば長く使えます。
譜面台を買わないで済ませると、バイオリンを弾く姿勢に影響します。必ず用意しましょう。

 

音程を合わせるための道具も必須です。4弦の音程が合っていないと、音感が育ちません。電子チューナーを使う以外にも、音合わせの方法はあります。子供さんの年齢や性格に合ったやり方を、先生と相談しましょう。

 

 

③教本、楽譜
 4万円~

 

 子供のためのバイオリン教室 上~中巻

 スズキ1~8巻

 小野アンナ スケール教本

 やさしいヴァイオリン曲集 上下

 バイオリン名曲31選

 

私のバイオリン・ビオラ教室では、スズキの後半まで行くとすると、主に上記のような楽譜を買います。(生徒によって違いますが。)

 

 

④弦が切れるなどした場合の修繕費

 

 何事もなければ かからない費用ですが、弦と弓の毛は消耗品なので、交換する必要が出てくることもあります。またバイオリン本体や弓も木工品なので、扱い方などにより壊れることがあります。


中古の安いバイオリン、また新品でも安物を買うと、何事かが起こりやすいです。1回に数万円の修繕費がかかることもあります。リスクを避けるには、バイオリンを どこで買うか が大切です。

 

 

 

 

2)レッスン代

 月4回お月謝 1万2千円として 
 14万円 ✕ 7年 = 98万円

 

 年齢が上がってきたら、回数を減らして、時間を長くしてもいいでしょう。

音大を目指すなら、1回60分1万円~になってきます。

 


3)発表会やコンクール

 

①発表会

 参加費 5千円 ✕ 年2回 ✕ 7年 = 7万円

 ピアノ伴奏費 7千円 ✕ 年2回 ✕ 7年 = 10万円

 

 発表会の参加費には幅があります。1000円で弾ける機会もあれば、立派な会場で行われる場合は1~2万円になります。だれが主催するのか、どこの会場で催されるか、などで値段が変わってきます。

 

ピアノ伴奏費も幅があります。一般的に5千円~1万円くらいでしょうか。もっと安いこともありますし、高いこともあります。私が大人になってから習っていた先生の発表会は、2万円でした。

バイオリン教室の方針によっては、保護者さんが伴奏したり、知り合いに頼んだりすることもできるでしょう。

 

 

計算しやすいよう、同じ規模の発表会が年2回あると仮定して計算しましたが、「年1回大きな発表会があり、それとは別に小さな演奏機会もある」といった運営をしているバイオリン教室が多いと思います。

 

発表会の参加回数は、年齢や性格を考えて決めましょう。回数が多すぎて練習に追われると、じっくりさらう期間が減りますし、経済的にも負担です。また少なすぎて刺激がないのもよくありません。
小さな子供さんのばあい年3回くらい、大きくなってきたら減らしていくといいと思います。

 

発表会が嫌いな、苦手な子供さんもいます。そうした場合は「発表会」というより、「合同レッスン」「交流会」のような機会を設けてあげるといいでしょう。先生に検討をお願いしてみてもいいと思います。

 

 

バイオリン教室の先生は、参加する生徒さんの人数を予測して会場を手配したり、ピアノ伴奏費の交渉をします。先生が主催するイベントは、前向きに検討しましょう。不参加のばあいも理由をちゃんと説明すると、先生との良好な関係が保てると思います。

 

衣装や靴にもお金がかかります。衣装で気持ちがアップしてバイオリンの練習を頑張れる子もいます。しかし衣装代をかけず、道具類やレッスン代にお金をかけるという考え方もあります。みながドレスを着ている中、お出かけ用のワンピースでも保護者さんが胸を張っていれば、人は人、私は私、という生き方を子供も学べます。

 

 

②コンクール

 

 参加費 15千円 ~ 4万円

 ピアノ伴奏費 1~3万円

 

 コンクールと聞くと、音大を目指すような子が受けるものというイメージがあるかもしれませんが、そこまで達者でない子供さんでも、生涯に一度くらいコンクールを経験してみてもいいと思います。

 

私のバイオリン教室でも、保護者さんが子供にコンクールを経験させたいと言ってくることもありますし、こちらから勧めることもあります。ひとつのバイオリン教室では、年齢&腕前が近い子がいないことがあります。コンクールに行けば(コンクールによりますが)、年齢と腕前が近い、競いあえる仲間に会うことができます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。