子供に分数バイオリンを買うときは

お問い合わせはこちら

子供に分数バイオリンを買うときは

子供に分数バイオリンを買うときは

2021/08/13

■バイオリンは、「バイオリン・ビオラ・チェロ専門」の実店舗で買いましょう。

 

楽器のネット販売が好調なようです。
しかし、バイオリンは実店舗で買ったほうがいいです。

 

ネットで、子供のために分数バイオリンを買おうとして、大人用を買ってしまった方がいました。
その方は教室においになるまで、自分がフルサイズのバイオリンを買ってしまったことに、気づいておられませんでした。

 

バイオリンが沢山並んでいるけれど、店員さんにバイオリンの知識が全くないお店もあります。

そうした楽器店で、合わない分数サイズを買ってしまった生徒さんもおられました。

ひどいコンディションのバイオリンが置いてあるのを、見かけたこともあります。

 

 

大人の初心者で最近習い始めたTさん、今週3回目のレッスンでしたが、レッスンは「楽器の取り扱い」についての質問から始まりました。

 

・弓をしまうときの、ゆるめ方がわからない
・弾くときの、弓の張りぐあいがわからない
・松脂は毎回塗るのか?
・どれくらい塗ったらいいのか
・チューナーの使い方がわからない

 

今日初めて持参されたチューナーの扱い方以外は、説明済みです。

しかし弾き方なども含め、学ぶことが多いので、1回の説明では覚えきれないものなのです。

 

さらに「バイオリンの取り扱い」について、まだお話ししていないこともあります。
優先度の高いことから確実に覚えてもらえるよう、説明は小出しにするからです。


「楽器の取り扱い」から「調弦方法」まで、基本的なことを全て説明し終えるには、myバイオリンを持ってくるようになってから、数週間~数カ月かかります。

 

 

バイオリンは「バイオリン・ビオラ・チェロ専門の楽器店」で買いましょう。
そうすれば分からないことがあった時、行くなり、電話するなりして、教えてもらうこともできます。

 

行ける実店舗がないばあい、実店舗のあるネットショップだと少し安心です。

10年も20年も前から開いているネットショップも、少し安心です。

また定評のあるメーカーの新作なら、ネットショップで買っても少し安心です。

実店舗がなく、openしてから年数が浅いところで、聞いたことのないメーカー品や 中古品 を買うのは、リスクが高いと考えましょう。

(リスクとは、悪いという意味ではなく、当たりハズレの幅が広いという意味の単語です。だから当たることもあります。)

 

 

こちら↓のブログ記事も参考になさってください。

2019/12/02  バイオリン・ビオラは どこで買ったらいいか

2021/02/09  バイオリン・ビオラは どれを買ったらいいか

 

 

 

 

■子供さんに分数バイオリンを買い与えるとき、本人がバイオリンに触ることなく保護者さんが買ってしまうのは、とてももったいないことです。

 

楽器店に足を運んで、陳列されているバイオリンを目にし、手に取って触って比べてみるのは、やる気を起こさせる絶好の機会だからです。

 

中高生以上・大人になると、本人の意欲に基づいてバイオリンを習います。
しかし年齢が幼ければ幼いほど、いろいろなものに広く浅く興味を感じるように、私たちはなっています。
ひとつの習い事に集中させるには、作戦がいります。

 

バイオリンを始めるには3歳か4歳から。
分数バイオリンを買い与えて、レッスンに連れていけば、弾いてくれるだろう。
そんな思惑にすんなりはまってくれる子は、なかなかいません。

 

こちら↓のブログ記事もぜひお読みください。

2021/04/07  小さな子に練習してもらうには

 

 

 

 

■バイオリンは、身体が動かなければ弾けません。

ピアノも同じです。
まず外遊びをしっかりさせて、生命エネルギーが停滞しない身体作りをしましょう。

 

脳みそも、体のなかの臓器のひとつです。
音楽の能力、音感やリズム感を育てたかったら、身体作りから。
勉強のできる子になって欲しかったら、キッズ英語や公文の前に外遊びです。
リトミックより外遊びの方が、低予算で、よりよい結果が得られます。

 

五感から入ってくる刺激を処理して、随意筋肉の動きとして出力する。
これを繰り返すほど、その営みが多様なほど、体がよく動くようになります。

 

また食品添加物や電磁波、香料や体の洗浄剤など、身体の成長や動きを阻害するものも避けましょう。

 

こちら↓のブログ記事も参考になさってください。

2020/08/01  身体を楽にする引き算をしよう (1)口から入るもの

 

 

 

■大きくを体を動かす → バランスを取る → 細部を動かす

という順に、体は動かせるようになってゆきます。

 

バイオリンを弾くには、指という細部を動かす必要があり、パターン化した限定された固定的な動作をしなければなりません。
「大きく動かす」「バランスを取る」が未発達な段階で、細部の動きを無理強いすることは、体の成長にとって害になることもあります。

 

シュタイナー教育では、器楽演奏やスポーツなどの動きは、幼児の骨格から大人の骨格へ移行しおわる9歳ごろまでは控えるように、と言われているほどです。

 

楽器をさせることで細部を動かす、という逆の考え方もあるます。
そのばあいは、楽器ばかりさせるのではなく、細部を動かすいろんな活動のひとつと考えると、偏らないでしょう。
しかしリトミックvs外遊びと同様、生活や遊びにおける動きのほうが、低予算で、よりよい結果が得られると思います。
散らかったおもちゃを種類ごとに箱にしまう、クレヨンを色順に並べる。
タオルをたたむ、買い物カゴの品を重たい順に買い物袋に入れる、等。


 

 

 

■分数バイオリンを買うときの作戦

 

①本人を実店舗へ連れていく
②本人に触らせる
③本人に選ばせる
本人に持って帰らせる(本人にレジまで持って行かせて)

 

初めてのバイオリン、小さな子であれば、楽器ではなくオモチャで終わってしまう可能性もあります。
高いものは買えません。
「バイオリン・ビオラ・チェロ専門の楽器店」や「職人さんの工房」では、おもちゃクラスの楽器は取り扱っていませんので、「いろんな楽器をあつかう楽器店」を探すといいでしょう。

 

候補のお店へ電話して、子供の体格にあうサイズの分数バイオリンを予算内で複数台用意してもらえるか、聞いてみましょう。

ワンサイズ違うだけで、当人の感じるバイオリンの弾き心地はかなり違ってきます。

年齢と学年、身長や体格など、お店の方へは詳しく伝えましょう。
2~3台用意してもらい、本人に選ばせると、愛着や意欲を持ってもらいやすくなります。
値段がわからない状態で弾き比べできるよう、事前に頼んでおきましょう。

 

ちゃんとした楽器店であればあるほど、安いバイオリンは用意してもらえないか、用意してもらえたとしても1台です。
しかしそんなお店でも、タイミングよく下取りした楽器などがあることもあります。
住まいから行きやすいロケーションにそうした店舗があるのでしたら、ダメもとで聞いてみてもいいでしょう。

 

お店の規模も関係します。
小さな楽器店では、特定サイズの安価なバイオリンを複数台用意するのは、難しいでしょう。

 

 

 

■分数バイオリンの選ぶサイズは、とても大事です。

身長と分数バイオリンのサイズの対比表がありますが、あまり当てになりません。

ひとりひとり体格も違えば、腕の長さも、器用さも違います。

スズキの対比表は、もっと子供たちがガッシリしていた時代のものなので、身長だけで見るとワンサイズ違ってくるケースもあります。

 

ちなみに私はいつもクラスで2~3番目に小さい子で、4歳半からバイオリンを持たされましたが、1/4からのスタートでした。

今にして思えば虐待!?と思うほどの大きなサイズです。

バイオリン教室の先生のものをお借りしたので、おそらく1/4からしか無かったのでしょう。

何の疑問も持たずに弾いていましたが、一体どうやって構えていたのか、腕の長さなどを考えると本当に不思議です。

 

通常、洋服などと同様 買い換える数が少なくてすむように、少し大きめの分数バイオリンを買います。

しかしこれも個人差があり、少々大きくても気にしない子がいるかと思えば、ピッタリ or やや小さめのバイオリンでないと、弾きにくいと言って強くイヤがる子もいます。

 

 

 

 

■教本や付属品も、実店舗で本人の手に握らせて、レジへ持ってゆかせましょう。

 

せっかく分数バイオリンを買ったのに、レッスンに通わせているのに、今ひとつ身が入っていない。
という場合、かわいい表紙の教本を1冊買うとか、調子笛・譜面台を買うなどすると、気持ちがアップすることもあります。

 

前述のとおり、幼子は興味や好奇心が持続しない時期なのです。
買い物だったり、教室の発表会などのイベントを利用して、興味を持続させ、バイオリンという習い事を軌道に乗せましょう。
ひとつの事柄に集中できる年齢になるまで成長を待つのも、賢明な考え方です。
買わねばならない分数バイオリンの数も、少なくてすみます。

 

当教室には、半年とか数年の間を空けて、体験レッスン(1回のレッスン)に繰りかえし訪れる保護者さんも、おられます。
子供、何歳になった段階でどんなことに興味を示すか、わかりません。
バイオリンを触らせて反応が薄いなと思ったらサッと諦め、しばらく時が経ったら再び触らせてみるわけです。

 

 

 

 

■レッスンに通えそうな手応えのある子には、どれだけ続くかわからない最初の1台でも、楽器クラスのバイオリンを買ってあげましょう。

楽器の音色の良し悪し、弓の弾きやすさは、未就学の子であっても本人のやる気に影響します。

 

リスクを承知の上でしたら、中古品を探すという手もあります。

 

楽器クラスのバイオリンであれば、世代を超えて使うことができます。
買ってあげた子がレッスンが続かなくても、弟や妹、親戚の子、少し先の未来にお孫さんに習わせることもできます。

 

 

■レッスンに通えるほどの興味は示していない子、バイオリンをさせるほどの身体能力に達していない子には、敢えておもちゃクラスの楽器を買い与えて、自由に触らせてみるという手もあります。

 

バイオリンを弾く動きは単純ではなく、年齢の低い子には難しい動作です。

しかしバイオリンという楽器の材質や構造、そしてその音色は、シンプル(単純)でプリミティブ(原始的)です。

プラスチックのおもちゃより、電子的な音楽より、子供の五感・感受性・身体感覚を刺激してくれます。

すべりにくい座面の椅子の上に置いて、弓で引けば、小さな子でも鳴らしやすく、大人の保護者さんが鳴らしてあげることもできます。


早く習わせたいと焦るのはよくありません。
そうしたニーズを考慮して、バイオリン・ビオラ・チェロ専門の楽器店にもかかわらず、おもちゃクラスのバイオリンを選択肢として置いてくれている店舗もあります。

 


[関連記事]

2019/12/02  バイオリン・ビオラは どこで買ったらいいか

2021/02/09  バイオリン・ビオラは どれを買ったらいいか

2021/04/07  小さな子に練習してもらうには

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。