中川恵バイオリン・ビオラ教室

ポジション移動に入る前に クリアしたいこと

お問い合わせはこちら

ポジション移動に入る前に クリアしたいこと

ポジション移動に入る前に クリアしたいこと

2021/04/18

基礎としてクリアしてもらいたい、と思っている項目があります。

 

1)目で読みとった音・音楽を再現する

2)耳で聴きとった音・音楽を再現する

3)リズム変奏

4)アンサンブル

5)半音と全音

6)運指と相対音感、音程の基本的な構造

7)調ごとの左指をおく位置。調が変わったときの変化の規則性。

8)楽器の扱い方 調弦の仕方

 

ここで述べている「基礎」とは、前掲の記事  

2021.04.16 基礎とは  の

[1]音程・リズム・音楽をとらえる力

[2]バイオリンという楽器の構造・特性の理解

にあたります。

 

経験者さんでも できていない項目がある場合は、それをクリアしてもらえるようレッスンのカリキュラムを考えます。それでは各項目をもう少し具体的に説明していきます。

 

 

 

1)目で読みとった音・音楽を再現する

-関連記事

2020.09.15 [串だんご」と「どら焼き」の法則 

 

 

2)耳で聴きとった音・音楽を再現する

いわゆる耳コピー力です。

 

 

3)リズム変奏

①4/4拍子の♩を、アトランダムに8分音符2つに変える
チューリップや春の小川など、4分音符だけで できている曲が向いています。
♩♩♩♩というリズムを、♩♫♩♫ や ♩♫♫♩ というように変えます。

 

②アトランダムにスラーをつける etc
生徒の得手不得手を見て、学んで欲しい課題を与えます。

 

③4分音符より長い音は弓を大きく使い、8分音符より短い音は弓をコンパクトに動かす
♩と♪は、は3対1くらいの比率にしてもらいます。

 

 

4)アンサンブル

先生が2ndバイオリンを弾いて合わせる練習を、はやいうちから始めます。
ピアノ伴奏や打楽器と合わせることもあります。
生徒が興味を示すばあいは、生徒に2ndバイオリンやピアノや打楽器をさせます。

 

 

5)半音と全音

いつ指をくっつけるべきで、いつ指を離すべきか。

置いて弾いてから合っていたかどうかわかるのではなく、置く前に分からなければなりません。

ピアノの鍵盤を使って説明すると、理解しやすいようです。

 

 

6)運指と相対音感、音程の基本的な構造

 

・0=4であること
・0→1→2→3と音程がひとつづつ上がり

 3→2→1→0と下がる
・指をおく場所を、手前にずらせば音程が上がり、

 向こうへずらせば下がる

・4つの指(番号)と、4本の弦の組み合わせ

 

耳コピーでスケールをさせて、バイオリン・ビオラという楽器の基本的な構造を理解してもらいます。

 

教えだした当初は曲を弾いているうちに理解すると思っていたのですが、あるとき小学校低学年から習っている子が、中学生になっても0=4と理解できていないことが発覚!
ビックリして認識を改め、全 初心者 生にスケールをやらせるようになりました。そのうち理解できるとは言っても、早く理解できるに越したことはありません。

 

現代社会は神経伝達を攪乱するものが多いせいか、0→1→2→3 や 3→2→1→0の理解に時間がかかる生徒が増えている印象です。

テキストや教本を使うと「勉強」っぽい雰囲気が漂い出すので、耳コピーで遊びの延長を装います。

 

①0から始めるスケール inA inD inG
3つの調の順番は、生徒さんごとに変えます。

幼い子は低音をとらえにくいので、inGは最後 or 後回しにします。

 

②1から始めるスケール inH inE inA(G線の1から)

 

③3から始めるスケール inC inG(D線の3から)

弦を3本使います。

 

④3rdポジションで③をする inC inG inD

 

さらにアルペジオをしたり、3度のスケールを加えることもあります。スラーでさせることもあります。

 

 

7)調ごとの左指をおく位置。調が変わったときの変化の規則性。

 

スズキの後半に入っていても、これを理解していない子は結構います。なんと私も、これを知らないまま10巻を修了しました。(^^;)

 

何故そのようなことが起こるかというと、独奏曲・メロディラインを弾いているだけだったら、耳コピー力でまにあうからです。しかしオケで弾きたいなら、これが理解できていないと ついていけません。

6)は教本なしでもレッスンできますが、さすがに7)は教本が要ります。
小野アンナなどのスケール教本、また調ごとに章立てされたホーマン2巻を使います。

 

ホーマン2巻は「勉強」っぽくなく楽しみながらできるので、多くの生徒さんで使っています。

inC → inG → inD と進めて、ひとつの調を終えるごとに、4弦の画に指をおく位置を書かせるペーパーテストをしてもらいます。

シャープ3つまでの長調が理解できてからフラットの長調、長調が終わってから短調、という順でやります。

 

音大進学くらいの真剣さで取り組む生徒さんには、スケール教本を(も)用います。あらゆる意味で一番いい練習は、スケール教本をすることです。

-関連記事 

2020.05.23 基礎練習 教本と使い方(1)スケール

 

スケール教本を厳格にやりすぎると、体やメンタルが悪くなることがあるので注意が必要です。

 

余談ですが、左フォームが安定していない段階で、E線のC音を 小指を伸ばして取ることは、極力させないようにしています。

 

手製のプリントを使うこともあります。1stポジションで、スケール、アルペジオ、3度のスケールをinC → inG → inD → inA → inF の順でやります。

スケールは全ての弦の 全ての指のおく位置が経験できるよう書かれています。1つ調が終わるごとにペーパーテストで指の位置を書きます。1枚の紙にFCGDAと並んだ指の位置が、規則的であることを見てもらいます。

 

 

8)楽器の扱い方 調弦の仕方

身体の使い方が上手でないばあい、4弦ともアジャスターを付けてもらいます。

ペグ調弦に移行させるタイミングは遅めですが、レッスン時の調弦は早いうちから自分でさせます。

 

 

実際のレッスンでは、 2021.04.16 基礎とは  の

[1]音程・リズム・音楽をとらえる力

[2]バイオリンという楽器の構造・特性の理解

よりも

 

[3]弾き方、姿勢、演奏フォーム、身体の使い方

 

に取り組んでいる時間のほうが長いです。どんな内容かは 「レッスンの引き出し  身体編」 カテゴリの情報をご覧ください。[3]を独力でするのは難しいので、家での練習は曲を弾く時間を多めにしてもらいます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。